スノークラブ

スノークラブの生物写真

大きなサワガニのような形。真っ白で国内のものと比べて甲羅が小さく、足が長い。甲長14センチ、重さ1.6キロ

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科オオエンコウガニ科オオエンコウガニ属
外国名
英名/Snow crab
学名
Chaceon bicolor.sp
漢字・学名由来
由来・語源 全身が白く、ゆでても白いままであるため「雪のカニ」となった。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。オーストラリア西岸。

生態

基本情報

オーストラリア産、アメリカや中国へ輸出されている。
日本にはゆでて赤くならないことから人気がなく輸入されることが少ない。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくる。やや高値。
漁法
産地 オーストラリア

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

カニの仲間は殻にアスタキサンチンという色素を持っており、茹でると赤くなる。
しかしこのカニは茹でても白いまま。
味はややさっぱりとガザミに近い。
甲羅の内みは白い身がたっぷりと詰まっていて、食べでがある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
ゆでる
茹でスノークラブ
ゆでる 身は甘みがあり、カニらしい風味も高い。脚は細いが身はつまっている。ただし身が多いのは甲下。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献



関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる