シュモクガイ

シュモクガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
貝殻の一番長い部分で20センチはある。貝殻は厚みがあって透明感があり硬い。また貝殻の内側には乳白色と黒紫色の文様が走る。これがとても美しい。
貝殻の一番長い部分で20センチはある。貝殻は厚みがあって透明感があり硬い。また貝殻の内側には乳白色と黒紫色の文様が走る。これがとても美しい。
貝殻の一番長い部分で20センチはある。貝殻は厚みがあって透明感があり硬い。また貝殻の内側には乳白色と黒紫色の文様が走る。これがとても美しい。
内側には乳白色と黒紫色の文様が走る。これがとても美しい。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱ウグイスガイ目ウグイスガイウグイスガイ超科シュモクガイ科シュモクガイ属
外国名
学名
Malleus albus Lamarck,1819
漢字・学名由来
漢字 撞木貝 Shumokugaki
由来・語源 『丹敷能浦裏』より。仏具のひとつで鐘を鳴らすときにための「撞木」に似ているところから来ている。要するに鐘を叩くハンマーのようなもので、形はアルファベットの「T」の字。見たところ小槌に近い。
『目八譜』にはシュモクガキ(撞木牡蠣)。
丹敷能浦裏
介類(貝類)569種を掲載。彩色された貝の図と解説を載せた江戸時代の図譜。
ヒガイ、ホネガイ、クレハガイ、アザミガイ、タケノコガイ、ヨウラクガイ、ミルクイ、キサガイ、シオサザナミほか。
地方名・市場名
シュモクガキ
参考『目八譜』 

概要

生息域

海水生。水深5〜30メートルの砂礫地。
房総半島以南〜熱帯インド洋、太平洋。

生態

基本情報

貝の収集の対象。食用とするかなどわからない。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど