クシノハクダヒゲエビ

クシノハクダヒゲエビの生物写真

体長50ミリ前後になる。鹿児島県南さつま市笠沙定置網。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ下目クルマエビ上科クダヒゲエビ科クダヒゲエビ属
外国名
学名
Solenocera pectinata Kubo, 1949
漢字・学名由来
漢字 櫛歯管髭蝦
由来・語源 体に櫛の歯状の赤い模様があるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。駿河湾、愛知県、熊野灘、高知県、鹿児島県西岸。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

駒井智幸(千葉県立中央博物館)
伊東英正さん 鹿児島県南さつま市笠沙
『日本産エビ類の分類と生態 Ⅰ.根鰓亜目』(林健一 生物研究社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる