アメリカンオマール

代表的な呼び名アメリカンロブスター

アメリカンオマールの生物写真

1メートル以上になる。第1脚は大きくハサミ状になる。オマールエビには大西洋アメリカ大陸沿岸の本種と、ユーラシア大陸沿岸にいるオマールの2種がいる。本種は全体に赤褐色もしくは焦げ茶でややずんぐりした体型。

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★★★
重要
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目ザリガニ下目アカザエビ上科アカザエビ科ウミザリガニ属
外国名
・英名/lobster(ロブスター)、American lobster
・フランス名/Homard(オマール)
・ドイツ名/Hummer
・スペイン名/Bogavante
学名
Homarus americanus (H.Milne Edward,1837)
漢字・学名由来
漢字 海蝲蛄
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。大西洋北アメリカ大陸沿岸。ニューファンドランド島から北カロライナ州。

生態

基本情報

オマールエビ類総論
■ オマールエビにはヨーロッパ産(Homarus gammarus)とアメリカ産(Homarus americanus)があってアメリカのものが安くて一般的である。
オマールはフランス語、英語ではロブスターとなる。
和よりもフレンチやアメリカンで重要なもの。
ユーラシア大陸側にいるヨーロッパオマールとアメリカ大陸側にいるアメリカンオマールの2種があり、現在では圧倒的にアメリカからの輸入が多くなっている。
味的にはヨーロッパオマールが上だとされるが年々輸入量が減って高価なものになっている。
フレンチの定番ソースアメリケーヌはオマールエビの代表的な料理。
フレンチではオマールを使った料理が非常に多い。
本種アメリカンオマールについて
アメリカ、カナダなどから少なからず輸入されており、フレンチやレストランなどで利用されている。
英語でロブスター、フランス語でオマールエビ。
ヨーロッパオマールが少なくなって、本種がその需要をリカバーしている形となっている。
またエビの中ではもっとも大型になるとされており、過去に体長1.5メートルという記録がある。
ただし市場にくるのは30センチ前後。国産のイセエビから比べると安く身が詰まっていて歩留まりもいい。

水産基本情報

市場での評価 入荷は少なくはない。値段はイセエビなどよりも低くいが高価。
漁法
産地 アメリカ、カナダ
■年間6万トン前後水揚げがある。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

身がつまっていて、旨みが濃厚。
ミソの味わいも最上級。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
ゆでる、蒸す、ソテー、焼く、ソースアメリケーヌ、ブイヤベース他
フランス料理の代表的な食材である。
一番代表的なのはぶつ切りにして炒めてコニャック、ワイン、魚のスープと合わせて煮込むもの。
この煮込んだ煮汁にコライユ(わた)と生クリームを合わせたものが「オマールエビの煮込みアメリカ風(ソースアメリケーヌ)」。
手間がかかるがとてもうまい。
ただしいちばんうまいのは単純に蒸したもの。
身が詰まっていて、甘味と旨味が強く非常にうまい。
変に通ぶらないで市販のマヨネーズやタルタルソースで楽しむのがいい。
イセエビのように鬼がら焼きにしても旨い。
蒸しアメリカンオマール単に蒸す、ゆでるなどしてとても美味。オマールだからフレンチにするべきなどと考えない方がいい。

好んで食べる地域・名物料理

■Homard a l'americaine(オマールエビの煮込みアメリカ風)もしくはアメリケーヌソースというのは本種もしくはヨーロピアンオマールが材料。この料理は1900頃、ピエール・ブレッスンがアメリカ人客のために考えた。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『食材魚貝大百科』(平凡社)、『プロ調理の基本2 フランス料理 魚介料理』(同朋社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる