ヤツシロガイ

ヤツシロガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
殻長10センチ前後になる。蓋(ふた)を持たない。球状で同じ幅の螺肋(横筋)があり、褐色の帯状の斑文がある。丸みを帯びて同じ幅で盛り上がりのある横しまがある。その横しまのところどころに黒い文様がある。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
腹足綱前鰓亜綱吸腔目(盤足目)ヤツシロガイ超科ヤツシロガイ科ヤツシロガイ属
外国名
学名
Tonna luteostoma (Kuster.1857)
漢字・学名由来

漢字 八代貝。
由来 九州の八代海でたくさんとれたため。

地方名・市場名
ヤイシロガイ
場所兵庫県明石市明石浦漁協 
スガイ スゲ スゲエ スゲッポ フタナシ[蓋無] フタナシガイ[蓋無貝]

イモガイ ウズラ[鶉] ウズラガイ オトメ オトメガイ オトメッカイ クソガイ クワズノガイ ツンボガイ デロリンガイ ドーマン トナシガイ ベイボ ベーガイ ホラガイ ポンポロ ヤシロガイ ヤマドリガイ[山鳥貝] ヨドガイ ヨドニシ
参考文献より。 

概要

生息域

海水生。北海道南部以南。水深10〜200メートルの砂泥地。

生態

ウニ、ヒトデなどを餌とする。
産卵期は秋。

基本情報

流通範囲は狭く、全国的に流通する物ではない。
東京などにもしばしば入荷するが隣接県、もしくは他の荷(魚貝類)に付け加えるといったもの。
産地などでは値段も安く非常に親しみやすい貝。
ただし、このような目立たない貝の味わいは年々顧みられなくなっている。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。姿形がいいので、ときにやや高値となる。
漁法 底曳網、刺し網
主な産地

選び方・食べ方・その他

選び方

生きているもので、盛んに足を動かしているもの。足を触って反応があるもの。古いと身に張りがなく、粘液が多くなる。

味わい

旬は調べているところ
足の部分を食べる。
貝臭さが薄く、やや旨み、甘みとも薄い。
足の表面部分が硬くジャリっとした食感。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

処理方法
身を出すのは簡単。
貝殻は薄く、内唇の上方に穴を開けてひっぱりだしてもいい。
肉(足)の部分ははよく滑りをもみ出し、塩でもむ。
滑りが残ると生臭い。
ワタはあえて食べる必要はない。
貝殻は割ってもいいが、画像の部分に穴を開けると簡単に出てくる。
足(身)は外側が黒く、この黒い部分がジャリっとした食感がする。取った方がいいかも知れないが、歩留まりが極端に悪くなる。この食感を、この貝の持ち味だと思うべし。

調理法
なます(酢みそ和え)、刺身

あまり旨みのある貝ではなく、単に刺身よりも、なますに向いている。
酢みそで和えたり、「たたきなます」にして酢みそとネギと一緒くたにたたいて美味。
刺身で食べてもまずくはない。
後は煮つけか、湯引きだが、硬くなりやすい。
たたきなます みそ、酢、ネギと合わせて細かくたたいたもの。勝手に「たたきなます」と呼んでいるのだが、非常にうまい。
刺身 刺身には独特のじゃりっとした食感がある。甘みはあるものの貝臭さも無く、やや無個性な味わい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど