ヒレナガユメタチ

ヒレナガユメタチの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
2m TL 前後になる。吻から背鰭にかけて直線的に隆起し、尾鰭がある。背鰭第1棘は非常に長い。頭長は眼径の5.5〜5.8倍。
2m TL 前後になる。吻から背鰭にかけて直線的に隆起し、尾鰭がある。背鰭第1棘は非常に長い。頭長は眼径の5.5〜5.8倍。
2m TL 前後になる。吻から背鰭にかけて直線的に隆起し、尾鰭がある。背鰭第1棘は非常に長い。頭長は眼径の5.5〜5.8倍。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目タチウオ科ユメタチモドキ属
外国名
Poey's scabbardfish
学名
Evoxymetopon poeyi Günther, 1887
漢字・学名由来
漢字/鰭長夢太刀
由来・語源/背鰭第1棘が非常に長くユメタチモドキ属であるため。阿部宗明など (1975)は高知県室戸岬沖でたて網によって漁獲し、東京都中央卸売市場に送られた全長153cmの本種を報告し、和名ヒレナガユメタチを提唱(中村泉、1982)。国内で初めて発見したのは具志堅宗弘(『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972))。鹿児島大学総合研究博物館「鹿児島県から得られたタチウオ科魚類ヒレナガユメタチ」による
地方名・市場名
シルンジャー
参考『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972) 場所沖縄県 

概要

生息域

海水魚。底層遊泳性、大陸棚縁辺から斜面域の水深200m-350m。
[千葉県館山市布良瀬、東京都伊豆大島沖水深180m・八丈島]、静岡県御前崎沖、和歌山県三輪崎沖、室戸岬沖、[鹿児島県鹿児島湾湾口部・種子島北方大隅海峡]、沖縄島、[南大東島]、東シナ海大陸斜面上部域、九州-パラオ海嶺。
台湾東港、モーリシャス。

生態

基本情報

津軽海峡から本州太平洋、四国、九州、沖縄などで発見されているが、非常に個体数が少ない。食用に供した例も希だと思っている。
当然、一定の評価などはない。

水産基本情報

市場での評価/流通上見ていない。
漁法/刺し網、釣り
産地/鹿児島県、沖縄県

選び方・食べ方・その他

選び方

触って張りのあるもの。銀色が褪せていないもの。

味わい

旬は不明。
鱗はない。皮は薄くもろい。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ヒレナガユメタチの料理法・調理法・食べ方/
ヒレナガユメタチの

ヒレナガユメタチの
ヒレナガユメタチの
ヒレナガユメタチの

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど