ヒメケハダヒザラガイ

ヒメケハダヒザラガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
体長5センチ前後になる。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門多板綱新ヒザラガイ目ウスヒザラガイ亜目ケハダヒザラガイ科ケハダヒザラガイ属
外国名
学名
Acanthochitona achates (Gould, 1859)
漢字・学名由来
漢字 姫毛肌火皿貝、姫毛肌膝皿貝
由来・語源 瀧庸の命名。ケハダヒザラガイよりも小振りであるため。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。北海道南部以南、沖縄。韓国沿岸、中国大陸の東シナ海沿岸。
潮間帯の岩の上。

生態

基本情報

外房の磯ではよく見かけるヒザラガイである。たわしのような棘が規則的に並んでいて、これがちくちくと痛い。磯にあるときには多彩な色合いが太陽光の下で美しい。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

食用とはしがたい。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど