ニオガイ

ニオガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
31mm SL 前後になる。殻は薄く、前方(写真では右側)の端は少し尖る。成長脈と放射肋の接点は顆粒状で少し尖る。
31mm SL 前後になる。殻は薄く、前方(写真では右側)の端は少し尖る。成長脈と放射肋の接点は顆粒状で少し尖る。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門二枚貝綱オオノガイ目ニオガイ亜目ニオガイ超科ニオガイ科ニオガイ属
外国名
学名
Barnea manilensis inornata Pilsbry, 1895
漢字・学名由来
漢字/鳰貝 Niogai
由来・語源/『甲介群分品彙』(武蔵石寿 1836)による。鳰(にお)は鳥類カイツブリ科カイツブリのことだが、形からか。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。潮間帯〜水深100mの泥岩に穿孔する。
北海道〜九州、瀬戸内海。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど