ナガタチカマス

ナガタチカマスの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SL 1.3m前後になる。側線は2本で上のは、背鰭基部後端に届かない。
SL 1.3m前後になる。側線は2本で上のは、背鰭基部後端に届かない。
SL 1.3m前後になる。側線は2本で上のは、背鰭基部後端に届かない。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目クロタチカマス科ナガタチカマス属
外国名
Blacksail snake mackerel
学名
Thyrsitoides marleyi Fowler,1929
漢字・学名由来
漢字 長太刀梭子魚
由来・語源 蒲原稔治が命名。細長く、太刀のような魚でカマスのように歯が鋭い。
蒲原稔治
Toshiji Kamohara(1901-1972 高知県生まれ。高知大学)。魚類学者。52種の新種を記載。日本初記録種209種を報告。
地方名・市場名
フカヤーンジャー
参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
トウカンザメ ナガンジャー

概要

生息域

海水魚。大陸棚縁辺域や海山の水深400m以深の中深層〜低層遊泳性、夜間は表層。
相模湾、駿河湾、熊野灘、土佐湾、新潟県、富山湾、若狭湾、山口県日本海沖、長崎県、鹿児島県、沖縄舟状海盆、九州〜パラオ海嶺。
台湾南部、インド-西太平洋。

生態

基本情報

1m以上になる大型魚だが、漁獲量が非常に少ない。当然、実際に食べたことのある漁業関係者は少なく、ほぼ誰も本種の味を知らない。もしも一定量流通したら高値を呼ぶに違いないと思う。それほど味がいい。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくるが一定の評価はない。比較的安い。
漁法 釣り
産地 長崎県、和歌山県

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

旬は不明。
頭部が大きく細長いので歩留まりは悪い。
鱗はなく、棘などもほとんど気にならない。歯は太く鋭い。皮近くに細くて硬い骨が密集する。
クセがない白身で脂が混在する。熱を通しても硬く締まらず柔らかい。
長い骨が皮近くに埋没 三枚に下ろして、皮目に強くて長い骨が埋もれるように張りついている。中骨近くの方と皮近くを二層に切り離す。皮近くは煮つけ、塩焼き、汁ものなど、また身をスプーンでかき出してもいい。中骨の近くはそのまま刺身になる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ナガタチカマスの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身、かきだし、なめろう)、焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)
ナガタチカマスの刺身 三枚に下ろして皮目に近い方は強い骨が埋まっているので、切り離す。中骨に近い部分のみ刺身にできる。脂は身に混在して白濁していて、全体に柔らかい。口に入れると口溶け感があり非常に甘く感じる。魚らしいうま味もあり、絶品である。
ナガタチカマスのかきだし 三枚に下ろして背の部分の、皮に近い方には長くて強い骨が埋まっている。ここからスプーンで身をかき出す。脂は皮に近い方が豊かで味わい濃厚である。このまま食べてもいいし、ねぎや青じそ、みょうがなどと和えてもいい。
ナガタチカマスの塩焼き 内臓を包んでいる部分は腹骨もあり、刺身にするよりもこのまま煮つけか塩焼きにするとおいしい。ここでは振り塩をして1時間以上寝かせて、じっくりと焼き上げた。箸を入れると中から液汁が出て来て柔らかく、身が非常にほぐれやすくて甘い。
ナガタチカマスのあら煮(煮つけ) 頭部やかまの部分を適当に切る。湯通しして冷水に落として血液やヌメリを流す。これを酒・しょうゆ・水であっさり煮上げたもの。砂糖、みりんで甘味を加えてもいい。身、皮は口のなかでほろほろと崩れ、脂が甘みに感じられる。非常にうまい。煮汁もいい味なのでそうめんなどをつけて食べる。骨湯にしてもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど