トゲノコギリガザミ

トゲノコギリガザミの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
甲幅20cm、重さ1kgを超える。目と目の間・額中央の4歯は正三角形に近い。網目模様は主に第4、第5歩脚に出るが薄い。裏側は赤褐色を帯びる。[雄]甲幅20cm、重さ1kgを超える。目と目の間・額中央の4歯は正三角形に近い。網目模様は主に第4、第5歩脚に出るが薄い。裏側は赤褐色を帯びる。[雌]裏側は赤褐色を帯びる。[雄]網目模様は主に第4、第5歩脚に出るが薄い。目と目の間・額中央の4歯は正三角形に近い。

トゲノコギリガザミの形態写真

甲幅20cm、重さ1kgを超える。目と目の間・額中央の4歯は正三角形に近い。網目模様は主に第4、第5歩脚に出るが薄い。裏側は赤褐色を帯びる。[雄]

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科トゲノコギリガザミ属
外国名
英名/Indo-Pacific swamp clab,Mud clab,Mangrove clab
学名
Scylla paramamosain Estampador, 1949
漢字・学名由来
漢字 棘鋸蝤蛑
由来・語源 棘が多く甲に鋸状の規則的な歯があるため。
ガザミの語源は
ハサミは強靱で強く、はさまれるとケガをするほど。それで「カニであってはさまれると痛手を負うことからカニハサミ」となり、これが短縮されて「ガザミ」となった。
地方名・市場名
マングローブガニ ドウマン ドテホリ[土手掘] エガニ[江カニ] ホンガニ[本蟹]

概要 ▽

生息域

千葉県以南、沖縄、八重山諸島。インド西太平洋、ハワイ、紅海。
汽水域、湾内に多い。

生態

基本情報

ガザミ類の最大種。大きいものは2キロ以上になる。
マングローブなどの泥に穴をあけて生息している。主に熱帯域に多く、国内では沖縄から静岡県周辺で漁が行われている。
浜名湖、高知、宮﨑などでは名物ともなっている。
ノコギリガザミ属について
古くはノコギリガザミは1種類とされていた、それがトゲノコギリガザミ、アミメノコギリガザミ、アカテノコギリガザミの3種に分かれた。

水産基本情報

市場での評価 国産は非常に高価。輸入物の方が多く、こちらはやや高値。
漁法 刺し網
産地 高知県、静岡県、沖縄県、徳島県
エガニ漁高知県高知市浦戸湾でのエガニ漁 高知市のはちきん漁師、永野昌枝さんが刺し網を揚げる。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

雌の旬は高知県では冬、雄の旬は夏から初秋
殻が非常に硬く、身がぎっしりつまっている。
身はしまっており、甘みが強い。
内子も非常に美味。
ゆでたり、蒸したりしたものをチャーハンやグラタン、サラダなどに利用するが、非常に高価なのでそのまま食べることが多い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ゆでる、蒸す
トゲノコギリガザミの内子トゲノコギリガザミの内子 寒い時季になると雌は内子を持つ。これがねっとりとして実に味がいい。内子もたっぷりならみそもたっぷりで、爪の身と合わせて食べると実にうますぎる味である。高価なカニではあるが、味はそれ以上に豪華だ。
トゲノコギリガザミ雄の塩ゆでトゲノコギリガザミ雄の塩ゆで 徳島県では8月から9月に河口域で水揚げされている。1kg以上になる大型のカニで鉗脚(はさみ)は強大である。ゆでて1尾分食べるとお腹いっぱいになりかねない。しかも甘味とカニの風味が豊かで至福の味である。

好んで食べる地域・名物料理

静岡県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県、沖縄など

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

協力/土佐の廣丸 永野昌枝さん・廣さん
『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『広辞苑』(岩波書店)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ