タチモドキ

タチモドキの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
TL 1m 前後。尾鰭がある。頭部は低い。背鰭条数は95-99(写真は数えられた限りでは97)、尻びれは2棘70-76軟条。
TL 1m 前後。尾鰭がある。頭部は低い。背鰭条数は95-99(写真は数えられた限りでは97)、尻びれは2棘70-76軟条。
TL 1m 前後。尾鰭がある。頭部は低い。背鰭条数は95-99(写真は数えられた限りでは97)、尻びれは2棘70-76軟条。
TL 1m 前後。尾鰭がある。頭部は低い。背鰭条数は95-99(写真は数えられた限りでは97)、尻びれは2棘70-76軟条。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目タチウオ科タチモドキ属
外国名
Slender frostfish
学名
Benthodesmus tenuis (Günther,1877)
漢字・学名由来
漢字 太刀擬
由来・語源 「軆形(体形)や色合いはよくタチウオに似ている。是らが為め曾て私はタチモドキと命名して置いた」(田中茂穂)
Tanaka
田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。
地方名・市場名

概要

生息域

海水魚。成魚は低層遊泳性・水深230〜1100、幼魚は中層遊泳性。
北海道奥尻、新潟県、五島列島、九州南西岸、青森県八戸から土佐湾の太平洋沿岸、沖縄舟状海盆、小笠原諸島。〜パラオ海嶺、台湾南部、ベトナム、ジャワ島、ハワイ諸島、ギニア湾からアンゴラの東大西洋。

生態

基本情報

関東では深場釣りでの外道のひとつで嫌われている。
ほとんど利用されていないと思われる。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

触って張りのあるもの。

味わい

旬は不明。
鱗はなく銀箔はがれやすく見た目が悪い。
骨は軟らかい。
透明感のある白身だが水分が多い。
熱を通すと痩せる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 天ぷら、塩焼き、ムニエル
天ぷら◆水分が多いので揚げると軟らかくうま味がある。香ばしくクセがなくうまい。
塩焼き◆焼くと痩せるが皮にうま味がありうまい。
ムニエル◆水分が多いのでソテーして香ばしくバターとの相性がいい。
天ぷらは絶品。
塩焼き。
ムニエルは水分が多いので崩れやすい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

キンメダイなど深場釣りの外道。ハリスを切るので嫌われている。

歴史・ことわざなど