カンゼミズダマ

カンゼミズダマの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
殻長20mm前後。
細い褐色の筋模様が連続する〈。和名は「観世水の模様のあるタマガイ」の意味。「観世水」は京都に伝わるもので、水に墨汁(ぼくじゅう・すぐに使えるようにあらかじめ墨を溶かしておいた汁)の油滴を落としてできる水面に模様を和紙に吸い取らせてできる。黒田(徳米)先生の『Venus』誌上での新種記載時の解説よりとのこと。〉
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
動物界軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマガイ超科タマガイ科タマガイ亜科ヒョウダマ属
外国名
学名
Tanea tenuipicta   (Kuroda, 1961) 
漢字・学名由来
漢字 神瀬水玉
由来・語源 黒田徳米の命名。
■「観世水の模様のあるタマガイ」の意味。「観世水」は京都に伝わるもので、水に墨汁(ぼくじゅう・すぐに使えるようにあらかじめ墨を溶かしておいた汁)の油滴を落としてできる水面に模様を和紙に吸い取らせてできる。黒田(徳米)先生の『Venus』誌上での新種記載時の解説よりとのこと。
■「神瀬(かんぜ)」とは鹿児島市と桜島の間にある瀬(浅瀬)のことをさす。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。水深100-200mの細かい砂地。
紀伊半島から九州西岸。

生態

基本情報

食用として出回ることはなく、主に貝の収集の対象。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど