オーストンガニ

オーストンガニの生物写真

甲長2センチ前後になる。画像は市場で拾得したもの。産地不明。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目クモガニ科オーストンガニ属
外国名
学名
Cyrtomaia owstoni TERAZAKI,1903
漢字・学名由来
学名の「owstoni 」は貿易商で博物学者のアラン・オーストンに件名。国産カニ類を初めて二名法で寺崎留吉 (1902-1905) が和文で発表したもの。なかでも本種は国内最初の二名法での記載。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。房総半島から土佐湾、対馬海峡から琉球列島。
水深300メートル。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる