オニカジカ


30センチ前後になる頭の後部にも強い棘があり、花魁の刺すかんざしに似ているので「花魁鰍」とも。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目カジカ科オニカジカ属
外国名
Antlered sculpin
学名
Enophrys diceraus (Pallas,1783)
漢字・学名由来
漢字 「鬼鰍」。
由来 鰓蓋骨から伸びる棘と険悪な顔つきからだと思われる。
Pallas
Peter Simon Pallas (ペーター・ジーモン・パラス)。ドイツの動物学者。主に冷水域の魚を記載した。ホッケ類、アイナメ類など国内海域にいる多くの魚類を記載。
地方名・市場名
オイラン オイランカジカ
場所北海道紋別市、雄武町周辺(オホーツク海に面する) 
ツノカジカ ヤマノカミ
参考文献より。 

概要

生息域

海水魚。福島県、新潟県以北〜アラスカ湾。
比較的浅い沿岸に棲息。

生態

カジカ科の魚は環形動物、甲殻類や小魚などをとらえて食べている。

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

とてもうまい魚である。煮る、焼く、など熱を通すと硬くしまる。これをもう少し煮るなどするとやや柔らかくなる。また刺身にしても美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど