オオホモラ

オオホモラの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
甲長140ミリ、甲幅100ミリ前後、1キロを超える。
甲長140ミリ、甲幅100ミリ前後、1キロを超える。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ホモラ上科ホモラ科オオホモラ属
外国名
Japanese deepwater carrier crab
学名
Paromola japonica Parisi, 1915
漢字・学名由来
漢字 なし
由来・語源 ホモラ科ホモラ属の「Homola」をそのままつけたもの。なかでも大型になるという意味合い。
地方名・市場名
ショイガニ[背負蟹]
場所静岡県沼津市 

概要

生息域

海水魚。相模湾〜土佐湾、種子島。ハワイ諸島。

生態

基本情報

ホモラの中では大型のもの。
非常に珍しいもので、食用とはしない。

水産基本情報

市場での評価 珍しいもので産地などでまれに売り買いされる。やや高い。
漁法 底引き網
産地 愛知県

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明
甲羅は比較的硬く、脚は細く身は少ない。甲下の身も少なめ。
熱を通すと痩せるが甘みがあり、みそも美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

オオホモラの料理法・調理法・食べ方/蒸す
蒸オオホモラ ていねいに流水で表面の汚れを取る。これを10分ほど蒸す。蒸し時間は大きさによって変わる。脚の肉は甘みがあり、色合いも美しい。甲羅下のばらけもうまい。みそも濃厚なうま味を持つ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
■脚が二本とれていたので食べてみることにする。これは輸送中にとれてしまったようだ。これなど幸い。完全な個体だと博物館行きとなる。脚のとれたところから水分がたれてくる。仕方なく熱湯で茹でる。塩加減は基本的なものより少な目。茹で上がってこれでもやや塩辛い。ただ、水分が多いカニの場合、どうしてもこうなるもの。それでも身の味はよい。内子がはいっていて、これは残念ながら生臭かった。