イバラガニモドキ

代表的な呼び名イバラガニ

イバラガニモドキの生物写真

甲幅22.5センチほどになる。甲羅の裏側以外全身が棘に覆われている。体色は赤みがかった褐色。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科イバラガニ属
外国名
英名/Golden king clab
学名
Lithodes aequispinus Benedict,1894
漢字・学名由来
漢字 茨蟹擬
由来・語源 近縁種のイバラガニに似ているため。
イバラガニは全身が棘に覆われているため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。ベーリング海、オホーツク海、太平洋側の宮城沖、福島沖、東京湾、相模湾、駿河湾、遠州灘、三重県沖。水深500メートルから1100メートルに棲息。

生態

基本情報

古くは北洋イバラガニと呼ばれてたくさんとれていたもの。
現在ではロシア産が多く、国内ではあまりたくさんとれない。
味のいい大型のタラバガニの仲間で、難点は棘が多く食べづらいこと。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。値段はやや高値。
漁法 カゴ漁
産地 ロシア、北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもので持って重いもの。

味わい

旬は不明
殻は硬く、棘が多い。
非常に食べづらい。
身はしまっており、甘みが強い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
蒸す、ゆでる、みそ汁
蒸した食べるのがいちばん。
みそはあまりないので、家庭では半分に割って蒸す。
非常に甘みが強く、ほどよく繊維質でうまい。
ゆでてもいい。
またみそ汁などにも。
裏側から見ると左右が相称ではない。これがタラバガニ科の特徴だ。
駿河湾でのエゾイバラガニ、イバラガニモドキのカゴ漁。静岡県焼津市小川長兼丸
蒸し

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる