イソガニ

イソガニの生物写真

甲幅32mm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目モクズガニ科モクズガニ亜科イソガニ属
外国名
学名
Hemigrapsus sanguineus (De Haan,1835)
漢字・学名由来
漢字 磯蟹
由来・語源 磯などでもっとも普通にいるカニの意味。
カニの語源
■ 「カニ」の語源は「“か”=“殻”」と「“に”=“丹”」。“丹”は赤いという意味で、殻が赤い、もしくは殻がゆでると赤いという意味。
■ 「かにくそ」というのがあって、これは生まれたばかりの子が初めてする「くそ(糞)」に似ている。この場合はサワガニに由来するのかもしれない。
■ 甲が硬くて、逃げるのが速いので「硬逃」が転訛した。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。北海道から九州、沖縄。サハリン、朝鮮半島、中国、台湾、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド。
海辺の岩礁域、砂礫域に普通。

生態

基本情報

日本中の海辺でもっとも普通に見られるもの。
比較的たくさんいるので、ニワトリのエサなどになる。
また磯遊びなどではみそ汁にもする。

水産基本情報

流通しない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる