イソアイナメ

イソアイナメの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
30cm SL 前後になる。体色は赤みがかったもの、黒っぽいものなどある。体表は粘液がなくざらっとしている。腹部に発光器がない。腹鰭は糸状ではなく皮膜があり普通の形状をしている。尻鰭は第2背鰭起部直下ではなく後方から始まる。上顎鋤骨に歯がない。側線は尾柄部まで達する。
30cm SL 前後になる。体色は赤みがかったもの、黒っぽいものなどある。体表は粘液がなくざらっとしている。腹部に発光器がない。腹鰭は糸状ではなく皮膜があり普通の形状をしている。尻鰭は第2背鰭起部直下ではなく後方から始まる。上顎鋤骨に歯がない。側線は尾柄部まで達する。
30cm SL 前後になる。体色は赤みがかったもの、黒っぽいものなどある。体表は粘液がなくざらっとしている。腹部に発光器がない。腹鰭は糸状ではなく皮膜があり普通の形状をしている。尻鰭は第2背鰭起部直下ではなく後方から始まる。上顎鋤骨に歯がない。側線は尾柄部まで達する。
腹鰭は糸状ではなく皮膜があり普通の形状をしている。
腹部に発光器がない。
歯は犬歯状で鋭い。上顎鋤骨に歯がない。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正新骨下区側棘鰭上目タラ目チゴダラ科イソアイナメ属
外国名
Beardie, Rock cod 藻磯鬚稚鱈、鱈魚、深海鱈(澎湖)、褐潯鱈
学名
Lotella phycis (Temminck and Schlegel, 1846)
漢字・学名由来

漢字/磯鮎並
由来・語源/不明。三陸などで好んで食べられているエゾイソアイナメ(ドンコ)は本種に似ているための命名だと思う。

Temminck
コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
Schlegel
ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
地方名・市場名

概要

生息域

海水魚。水深60m前後。深海とされているが不明。
東北地方〜九州南岸の太平洋沿岸、新潟県〜九州北岸の日本海、[鹿児島県甑島]。
朝鮮半島南岸、済州島、オーストラリア南東岸・南岸。

生態

基本情報

本州以南の浅場にいる魚だが、とても個体数が少ない。専門の漁はなくどちらかというと混獲されている魚。まとまってとれないので雑魚として扱われている。

水産基本情報

市場での評価/非常に希にしか市場では見ない。非常に安い。
漁法/刺し網
産地/

選び方・食べ方・その他

選び方

触って張りのあるもの。鰓の赤いもので腹が軟らかくないもの。

味わい

旬は不明。
鱗は細かくとりにくい。皮はあまり硬くなく厚みもない。熱を通すともろい。骨は細いがとても硬い。
透明感のある白身で繊維は少なく熱を通しても硬く締まらない。身質はスケトウダラ(タラ科)に近い。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

イソアイナメの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁)、揚げる(唐揚げ)、煎る(肝煎り)
イソアイナメの煮つけ ドンコ(エゾイソアイナメ)は本種に似ているところからの命名だと思う。姿が似ているだけではなく身質などもそっくりである。残念なのは今回のものは時季のせいか肝が小さかったこと。水洗いして鍋に入る大きさに切り、湯通しする。冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを酒、砂糖、しょうゆの味つけで煮る。溶けた肝がとてもいい味を出している。身は繊維質に欠けるのでボロっとするが甘味があっておいしい。


イソアイナメの唐揚げ 水洗いして背割りにして水分をよく拭き取る。片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げする。揚げ上がりに塩コショウを振る。コショウではなくカレー粉やヒバーツ、ガラムマサラなど好みの香辛料を振るといい。骨自体が柔らかいので頭から丸かじりできて非常に美味。
イソアイナメの肝煎り 水洗いして三枚に下ろす。これをみそ、酒、好みで砂糖、ねぎなどと一緒に包丁でたたく。これを鍋でから煎りしたもの。福島県相馬市原釜で教わった「どんこの肝煎り」を本種で作ったものだが、とてもご飯に合う。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど