アズキハタ

アズキハタの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
SL37cm前後になる。細長く体に3本の白い縦縞があり、小豆状の斑紋がある。小豆に似た斑点がある。

アズキハタの形態写真

SL37cm前後になる。細長く体に3本の白い縦縞があり、小豆状の斑紋がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科アズキハタ属
外国名
Slender grouper
学名
Anyperodon leucogrammicus (Valenciennes, 1828)
漢字・学名由来
漢字/小豆羽太
由来・語源/小豆に似た形、色の楕円形の斑紋があるため。
Valenciennes
アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
地方名・市場名
ヨーローミーバイ
参考河村雄太さん 場所沖縄県石垣島 

概要 ▽

生息域

海水魚。サンゴ礁(水深5-80m)
小笠原諸島、山口県日本海側、沖縄諸島、八重山諸島。
台湾南部、香港、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋(フェニックス諸島・サモア諸島以西)

生態

基本情報

沖縄県、小笠原諸島以南のサンゴ礁域にいるハタの仲間。アズキハタ属唯一の種。
沖縄県などでもあまり多くはなく、珍しい魚のひとつだと思う。

水産基本情報

市場での評価/入荷は少ない模様。
漁法/刺突漁など
産地/沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明
鱗は薄く普通の大きさで取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はやや硬め。
透明感のある白身で血合いは弱い。熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)



アズキハタの


アズキハタの
アズキハタの
アズキハタの

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる