アカドンコ

アカドンコの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
上から。体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
腹面から。体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
正面から。体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
下顎に小さな皮弁がある。
上顎鋤骨に歯がある。
体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
体長30cm前後になる。全体に軟らかくぶにょぶにょしている。背鰭は1基。下顎に小さな皮弁がある。上顎鋤骨に歯がある。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ウラナイカジカ科アカドンコ属
外国名
学名
Ebinania vermiculata  Sakamoto, 1932
漢字・学名由来

漢字 赤鈍魚
由来・語源 見た目が悪く、ぶよぶよして鈍い様子をしているので「鈍い魚」で「どんこ」。それで赤味がかるため。
〈カジカ科バウズカジカ属バウズカジカ(アカドンコ) Ebinania brephocephala (Jordan and Starks, 1903)〉『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)
〈アカドンコ属(エビナカジカ属)アカドンコ(エビナカジカ) Ebinania vermiculata SAKAMOTO-MATSUBARA〉『魚類の形態と検索』(松原喜代松 岩崎書店 1955年1版・1971年校訂版)
「エビナカジカ」が併記されていたのは、属名 Ebinania はSakamoto(松原喜代松)が設立。この属名、Ebinania は坂本喜代松(後の松原喜代松)が海老名謙一(東京水産大学増殖科教授 1923-1987)に献名したもの。『日本産魚類全種の学名 語源と解説』(中坊徹次・平嶋義宏 東海大学出版部 2015)

Matsubara
松原喜代松(Matsubara Kiyomatu 兵庫県現宝塚市 1907-1968)。1932年、坂本喜代松(Sakamoto)から婿養子になり松原喜代松に改名。水産講習所(後の東京海洋大学)に入学。京都大学初代農学部水産学科教授。『日本産魚類検索』、『魚類の形態と検索』など魚類学史上重要な著書を多く残す。
地方名・市場名
エビナカジカ
備考別名。 参考文献 場所別名 
ミズアンコウ
場所福島県相馬市原釜 
ボッコ ゴッコ
参考文献より。 

概要

生息域

海水魚。水深271〜1010メートル。
北海道〜銚子までの太平洋沿岸、熊野灘。

生態

基本情報

関東には主に福島県などから入荷してくる。
遠洋底曳き網に混ざるもの。
ぶよぶよしているが、粘液などは出さないのでぶつ切りにして、キアンコウ同様鍋材料などになる。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。安い。
漁法 底曳き網
産地 福島県
産地 原発事故で漁を一時やめている福島県が主産地だった。ほかには千葉県など。

選び方・食べ方・その他

選び方

触って軟らかい中にも張りのあるもの。退色していないもの。

味わい

旬は寒い時期。
ぶよぶよとして水分が多く柔らかいが鱗がなく、粘液を出さないなど非常に使いやすい。
水分が多くぶよぶよと全体が軟らかい。鱗はなく皮は柔らかい。骨も軟らかい。
乳白色の身で熱を通すと縮む。肝、胃袋は非常に美味。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

アカドンコの料理法・レシピ・食べ方/煮る(鍋)、汁(みそ汁、しょうゆ汁、鍋)、揚げる(唐揚げ、竜田揚げ)、和える(とも和え)
アカドンコの鍋 丸々一尾、いろんな鍋にしてみたが、この韓国風鍋がいちばんだった。韓国三陟市ではクサウオ科イサゴビクニンで곰치국(コムチクッ クサウオスープ)を作るが、本種で作った方が数段上だと思う。水洗いして適当に切る。ゆどうしして冷水に落として表面のぬめりなどを流す。これを煮干しだし、塩・酒のだしで煮ながら食べる。4月初めの個体は脂があり、煮ると水玉状の脂が浮き上がってくる。身自体にもうま味があり非常にうまい。

アカドンコのみそ汁 内臓と鰓を取り去る。肝と卵巣、胃袋は残して置く。身は鱗がないので適宜に切る。湯通しして冷水に落として表面のぬめりを流す。水分をよくきっておく。肝、胃袋も切り昆布だしで煮だしてみそをとく。よく煮込むほど味が良くなる。
アカドンコのしょうゆ汁 鰓や食べた餌などを取り去り、ぶつ切りにして昆布だしで煮だして、しょうゆとみりんで味つけする。みりんではなく酒の方があっさりとしているので、お好みで。豆腐や野菜などを加えてもいい。
アカドンコのとも和え 皮、胃、身を湯引き。ゆでた肝と酢みそを合わせてすり鉢でする。ゆびきしたものに、肝を入れた酢みそをかける。食べる直前に和えて食べる。
アカドンコの竜田揚げ 三枚に下ろして皮を剥き、適宜に切り、みりん、しょうゆ、にんにくを合わせたものに漬け込む。数時間漬け込み、片栗粉をまぶして水分を出すようにじっくりと揚げる。仕上げに強火でかりっと揚げるといい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど