リョウマエビ

リョウマエビの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長25.8cm・甲幅7.6cm前後になる。額縁には正中棘、眼上棘が1対、眼下棘が1対。腹部の背面各節に4〜7条の横溝がある。体長25.8cm・甲幅7.6cm前後になる。額縁には正中棘、眼上棘が1対、眼下棘が1対。腹部の背面各節に4〜7条の横溝がある。体長25.8cm・甲幅7.6cm前後になる。額縁には正中棘、眼上棘が1対、眼下棘が1対。腹部の背面各節に4〜7条の横溝がある。体長25.8cm・甲幅7.6cm前後になる。額縁には正中棘、眼上棘が1対、眼下棘が1対。腹部の背面各節に4〜7条の横溝がある。

リョウマエビの形態写真

体長25.8cm・甲幅7.6cm前後になる。額縁には正中棘、眼上棘が1対、眼下棘が1対。腹部の背面各節に4〜7条の横溝がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ上科イセエビ科Nupalirus属
外国名
Longarm spiny lobster
学名
Nupalirus japonicus Kubo, 1955
漢字・学名由来
漢字/龍馬海老、龍馬蝦 Ryoumaebi
由来・語源/久保伊津男が土佐湾でとれた固体で記載したため。土佐湾、土佐の高知、坂本龍馬という発想だ。
久保伊津男
くぼ いつお(1909年〜1968年)。鹿児島県日置郡東市来村(現日置市東市来町湯田)生まれ。海洋生物学。クルマエビ、イセエビの研究など。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。水深20m以深の岩礁域。
駿河湾〜土佐湾、宿毛湾。

生態

基本情報

イセエビなどよりも深いところにいるエビで、刺し網や釣りなどで希にとれる。
非常に珍しいエビといってもいいだろう。
流通に乗ることもほぼなく、なかなか手に入らない。
食べたことのある人間自体が希少だと思う。非常においしいエビである。

水産基本情報

市場での評価/入荷しない。
漁法/刺し網など
産地/

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明。
イセエビ科のなかでも殻は薄い。筋肉は充満している。
熱を通しても強く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

リョウマエビの料理法・調理法・食べ方/煮る(塩ゆで)、汁(みそ汁)、生食(刺身)

リョウマエビの塩ゆで 尾部を抜き取り、これを塩水でゆでてみた。殻と筋肉の赤の発色は弱く、赤みの強いベージュいろになる。熱を通しても硬く締まらず、とても甘味が強く、エビらしい風味も豊かだ。適度に繊維質で、口の中でほどける感じもいい。

リョウマエビのみそ汁 ゆでたり、刺身にしたりした残りの殻を集めて汁にしてみた。殻は適当に切る。これを水から煮出してみそを溶く。思った以上にうま味豊かな汁になる。この汁だけでご飯が食べられるほどだ。
リョウマエビの刺身 半身だけを刺身にしてみた。要するに味見である。取り出した筋肉は、氷を入れた薄い塩水のなかでさっと洗って締めた。甘味がとても強く、ほどよい食感もある。非常にうまいと思う。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

協力/伊藤迅さん(高知県)
『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる