ホンドオニヤドカリ

ホンドオニヤドカリの生物写真

甲長5cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目ヤドカリ科オニヤドカリ属
外国名
学名
Aniculus miyakei  Forest,1984
漢字・学名由来
漢字 本土鬼宿借
由来・語源 「おにやどかり」は毛があらく鬼を思わせるから。沖縄などにいるムニンオニヤドカリに対して本州、四国、九州などにいるため。「miyakei」は三宅貞祥(1908-1998)に献名。
地方名・市場名
ガニモツ
場所神奈川県横須賀市佐島 

概要 ▽

生息域

海水生。浅い岩礁域。
東京湾〜九州。

生態


ホンドオニヤドカリの宿主にサザエ、ヤツシロガイ、ナガニシなどに宿借りする。

基本情報

イセエビ、サザエなどの刺し網にかかる大型のヤドカリ。
イシダイのエサとして人気があるほか、三重県紀伊長島、三浦半島などで食用にしている。

水産基本情報

市場での評価 流通はしない。釣りエサとしては高価。
漁法 刺し網
産地 神奈川県、静岡県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

一般に食用ではないが甲の後ろ側に小さいけど透明感のある身がついている。これは甘味があって美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献



関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる