バケムツ


35cm SL 前後になる。クロムツなどと比べると鱗はより大きく側へんする。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科バケムツ属
外国名
Bakemutu
学名
Neoscombrops pacificus Mochizuki, 1979
漢字・学名由来
漢字 化鯥 Bakemutu
由来・語源 「むつ」に似て別種であるため。
地方名・市場名
ムツ
場所鹿児島市 

概要

生息域

海水魚。水深100〜500メートルの海山岩礁、大陸棚斜面。
伊豆諸島南部、奄美大島、沖縄諸島。台湾南部、サモア諸島、フィジー諸島。

生態

基本情報

生息域もよくわかっていない、めったにとれない珍魚のひとつ。
食べて美味しいことなど一般的にはまったく知られていない。
価格は姿の似たムツよりも安い。

水産基本情報

市場での評価 入荷は非常に希。価格は安い。
漁法 釣り
産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

旬は秋から春
鱗は薄くやや大きく取りやすい。皮はやや厚め。骨は軟らかい。口腔、喉、腹膜は黒い。
白身で血合いは弱い。
骨は硬いが頭部などは割りやすい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

バケムツの料理法・調理法・食べ方/生食(皮霜造り、刺身)、煮る(煮つけ、鍋)、ソテー(ポワレ)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど