スミツキアカタチ

スミツキアカタチの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長50cm前後になる。尾鰭は背鰭・尻鰭と連続している。体はリボン状。体前方に白い横筋の斑紋がある。体側に白い横筋がある。

スミツキアカタチの形態写真

体長50cm前後になる。尾鰭は背鰭・尻鰭と連続している。体はリボン状。体前方に白い横筋の斑紋がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アカタチ科アカタチ属
外国名
Bandfish
学名
Cepola schlegeli Bleeker, 1854
漢字・学名由来
漢字 墨付赤太刀(魚)
由来・語源/田中茂穂の命名。赤くタチウオを思わせる体形で上顎骨と下顎骨との間の皮膜に黒い1点(斑紋)があるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

生態

基本情報

相模湾には多くて水深100メートル前後でのアジ釣りの代表的な外道である。釣り師の間では「アカタチが釣れると、釣果が悪い」というのが定説。どうもこの魚、海底の砂にもぐり、頭を突き出して獲物を待っているのでは? と考えている。底曳き網でも揚がると思うが確認していない。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる