ショウジンガニ

代表的な呼び名イソガニ

ショウジンガニの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
甲長5cm前後になる。甲の表面には細かな毛が密集している。脚は長く、赤い縁取りと、ハサミ脚にはイボ状の赤い斑文がある。甲長5cm前後になる。甲の表面には細かな毛が密集している。脚は長く、赤い縁取りと、ハサミ脚にはイボ状の赤い斑文がある。

ショウジンガニの形態写真

甲長5cm前後になる。甲の表面には細かな毛が密集している。脚は長く、赤い縁取りと、ハサミ脚にはイボ状の赤い斑文がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目イワガニ科ショウジンガニ亜科ショウジンガニ属
外国名
学名
Plagusia dentipes De Haan,1835
漢字・学名由来
漢字 不明
カニの語源
■ 「カニ」の語源は「“か”=“殻”」と「“に”=“丹”」。“丹”は赤いという意味で、殻が赤い、もしくは殻がゆでると赤いという意味。
■ 「かにくそ」というのがあって、これは生まれたばかりの子が初めてする「くそ(糞)」に似ている。この場合はサワガニに由来するのかもしれない。
■ 甲が硬くて、逃げるのが速いので「硬逃」が転訛した。
De Haan
Wilhem de Haan (ウィレム・デ・ハーン 1801-1855 オランダ)。ライデン王立自然史博物館。シーボルトが日本から持ち帰った標本、特に甲殻類を研究。『日本動物誌』(Fauna Japonica)をテミンク、シュレーゲルとともに編む。日本に生息する甲殻類の多くを記載している。
地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に表示しました。クリックでジャンプします。

概要 ▽

生息域

海水生。岩手県以南、九州、沖縄。
外洋に面した潮間帯の岩場などに普通。

生態

基本情報

ショウジンガニなどイワガニ科総論
磯や干潟などにいるイワガニ科で食用として利用されているのはショウジンガニだけ。ただしこれも漁村など海辺で細々と食用になっているのみ。イワガニ科のカニは潮間帯にたくさん見られ、身近なことからニワトリのエサなどに利用されていることが多い。
また釣りエサとしても利用される。
特に磯に多いイソガニなど小型のカニは釣りエサとして人気が高い。

日本各地の海辺で見かけることの多いのがショウジンガニ。
防波堤、磯などに普通。また漁村などではレジャーをかねて、取ったり、または子供が遊びでとるもの。
これを持ち帰って、みそ汁などに利用する。伊豆半島はじめ海辺の民宿などでは名物ともなっている。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場には希に入荷してくる。安い。
漁法
産地
魚屋で売られているショウジンガニ非常にローカルなカニ 基本的に自家用にとるといったもの。海辺の魚屋さんなどで売られることもある。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているものを選ぶ。

味わい

旬は夏
甲羅は硬く、身は非常に少ない。
主にみそ汁のだしとして利用。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

ショウジンガニの料理法・調理法・食べ方/汁(みそ汁)

ショウジンガニのみそ汁 ゆでて食べても筋肉が少なく、食べ出がないので、基本的にみそ汁にする。海辺などでは簡単に手に入れることができ、調理も単純でおいしいので家庭の味といったものだ。できるだけ生きているものを使う。汚れなどを流し、包丁で適当に切る。これを水から煮出してみそをとくだけ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

外房などでは、カニ網という、重りと網、網には小さな餌を入れる袋状の網がついていてそこに魚のアラなどを入れてカニのいそうな場所に置いておくとノソノソとはい出してくるのが本種。これを釣りと言うかどうかわからないが、面白くて熱中してしまう。

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ジュウガニ
場所三重県志摩市大王町 参考林市兵衛さん 
イソッピ(イソッピー)
場所千葉県勝浦市 
ショッペ
場所神奈川県三崎など 
ホンカニ[本蟹]
場所神奈川県小田原市 
イシガニ
場所神奈川県小田原市根府川 
アカガニ
場所神奈川県小田原市米神 
ショッパ
場所神奈川県葉山町 参考池田等さん 
モーガネ
場所長崎県雲仙市富津 参考20201123佐藤厚さん 

参考文献

『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)、『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる

Copyright©2019 Bouz-Konnyaku All Rights Reserved.