クロカジキ

代表的な呼び名クロカワカジキ


体長4.5メートルになる大型魚。生きているときは青みがかり死ぬと黒くくすむ。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カジキ亜目マカジキ科クロカジキ属
外国名
Indo-Pacific blue marlin
学名
Makaira nigricans Lacepède, 1802
漢字・学名由来

漢字 黒旗魚
一般名の漢字 黒皮旗魚
由来・語源
「クロカジキ」は神奈川県三崎、和歌山県田辺での呼び名。
「クロカ」、「クロカワカジキ」は千葉県銚子、東京、神奈川県三崎、高知県での呼び名。
死ぬと背中が黒くなるため。英名の「Blue marlin」が生きているときの名であるのと対照的。

Lacepède
Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
地方名・市場名
ハイオ[羽魚]
備考熊本県でカジキ類の総称として。 参考田崎鮮魚市場・つるや20181121 場所熊本県熊本市 
サス
場所富山県全域 
マアザラ
場所神奈川県三崎 
アブラカジキ カツオクイ カトクイ クダマキ クロマアザラ ゲンバ シロカ シロカジキ シロカワ ツン ンジアチ ンジアラ
参考文献より。 

概要

生息域

海水魚。外洋表層遊泳性。
富山湾以南の日本海沿岸、長崎、青森県〜土佐湾の太平洋沿岸、琉球列島。台湾、インド〜太平洋。

生態

基本情報

体長4.5メートル、重さ600キロになる大型魚。国産のほかに台湾などから輸入されている。価格が安いので漬け魚、みりん干しなどに加工されている。また関東では希に切り身が売られている。
鮮度のいいものが手に入る沖縄県や熊本県では刺身にもなり、切り身などで普通にスーパーなどで売られている。

水産基本情報

市場での評価 関東の入荷量は少なめ。マカジキやメカジキなどと比べるとマイナー。安い。
漁/突き漁、釣り
産地 沖縄県、三重県

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

旬は寒い時期。
沖縄などでは年間を通して出回っている。
一般に切り身で出回る。
脂がなく淡泊な薄い赤みを帯びている。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

クロカジキの料理法/生食(刺身)、ソテー(ムニエル)、揚げる(フライ)
クロカジキの刺身 関東にはあまり鮮度のいいものが入荷しないのが残念。マカジキと比べると脂ののりがイマイチではあるが、ほどよい酸味にカジキらしいクセのない味わい。ついつい箸ののびるウマシ刺身となる。

好んで食べる地域・名物料理


クロカワカジキの刺身 沖縄県ならではの「さしみ店」に並んでいるクロカジキの身。「さしみ店」はお願いすると気さくに切って発砲のトレイにのせて売ってくれる。なかでも安くてうまいのがクロカジキ。
さす昆布締め 魚貝類の昆布締めは富山県全域で好まれている。現在では主に鮮魚店やスーパーマーケットなどで購入するようだが、古くは個人宅で作ることもあったという。なかでもよく見かけるのが「さすの昆布締め」。富山県内のスーパーマーケットや鮮魚店の定番的なものだ。

加工品・名産品


黒皮かじきみりんぼし 切り身を砂糖、しょうゆ、塩などで味つけして干したもの。イヤミのない味で、ご飯のおかずにも酒の肴にももってこいだ。[尾鷲物産 三重県尾鷲市]
クロカジキのみそ漬け 本種ではもっとも普通に見かける加工品が「みそ漬け」。イヤミはないものの味わいに欠けるところをみそが補う。
クロカジキの粕漬け みそ漬けとともによく見かける加工品。淡泊でうま味に欠ける部分を酒粕と甘味をつけることで補う。飽きの来ない味だ。[ヤマヘイ 神奈川県三浦市]

釣り情報

歴史・ことわざなど