カマツカ

カマツカの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
20cm SL 前後になる。
20cm SL 前後になる。ヒゲは目の前縁に達しない。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科カマツカ属
外国名
英名/Pike gudgeon, River dodger
学名
Pseudogobio esocinus esocinus (Temminck & Schlegel,1846)
漢字・学名由来
漢字 鎌柄
由来・語源 琵琶湖周辺での呼び名。鎌の柄のような形であり、触った感触が硬い。もしくは煮ると鎌の柄のように締まるため。
〈京にて「かまづか」、鴨川にては「かまきすご」又「かなくじり」と云〉『物類称呼』(越谷吾山著 安永4/1775 解説/杉本つとむ 八坂書房 1976)
Temminck
コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
Schlegel
ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

淡水魚。河川の上・中流域、湖の岸近く。砂地、砂礫底。
岩手県、山形県以南の本州、四国、九州、長崎県壱岐。朝鮮半島、中国北部。

生態

浅い砂地などにいる。砂によく潜る。
エサは付着藻類、底生動物。
砂地の斜面などにいて砂をほおばりエサをこしとって食べている。
産卵期は晩春から初夏(5月〜6月)。

基本情報

東北以南の河川の比較的流れのある砂地の瀬にいる。日本各地で食べられていた。
徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)では5月〜6月中旬の産卵期に美味で建て網でとっていた。
琵琶湖周辺でも流通する食用湖魚のひとつ。また福岡県筑後川などでは今でも食べられている。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺ではやや高値で取引されている。
漁法 刺し網
産地 滋賀県、福岡県

選び方・食べ方・その他

選び方

できれば生きているもの。張りがあって斑紋体色などがあせて白くなっていないもの。

味わい

旬は春から初夏の産卵前から産卵期。
鱗は細かく硬い。皮はしっかりしている。骨はあまり硬くない。
白身でクセがなく、熱を通すと締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

カマツカの料理法・調理法・食べ方/焼く(素焼き、塩焼き、焼き浸し)、煮る(煮つけ)
カマツカの素焼き 水洗いして水分をよく拭き取っておく。これを炭火でじっくりと焼き上げていく。これをしょうが醤油などで食べる。腹に抱えた真子のうまさは魚類の中でも最上級。皮目に独特の風味があり、身は淡泊で非常においしい。柑橘類が合う。「川のキス」などといわれているが、本種の方が焼いたときの香りがいい。


カマツカの塩焼き もっとも基本的な料理法である。水洗いして振り塩をしてじっくりと焼き上げる。皮目に独特の風味があり、腹に抱えた真子が非常にうまい。身は淡泊で嫌みがない。
カマツカの焼き浸し 水洗いして水分をよく切る。じっくり素焼きにして地(しょうゆ・酒・水同量を合わせて煮つめ、しょうがの風味をつけた)に漬け込む。すぐに食べたかったら濃い目の地に数日食べたかったらしょうゆを少なくして酒を多くする。かりっと香ばしく焼き上げると皮や鰭なども柔らかくなり食べやすい。
カマツカの煮つけ 水洗いして酒としょうゆ・砂糖で甘辛く煮つけたもの。当座食べられる濃い目の味つけにしてみた。濃い煮汁に反して淡泊で上品な味わい。ご飯のおかずになる。

好んで食べる地域・名物料理

琵琶湖周辺。
福岡県、大分県の筑後川周辺。
ふなみそに入れる 岐阜市近郊でふなみそに入れて食べていた家がある。[岐阜県岐阜市]
カマツカの洗い とれたばかりのカマツカを三枚に下ろして皮を引きそぎ切りにする。これを冷たい水でていねいに洗う。淡水魚の臭みはまったくなく、クセのない上品な味わい。食感も心地よい。[福岡県久留米市田主丸]
カマツカの湯洗い とれたばかりのカマツカを三枚に下ろして、皮目にねっとうをかけて冷水に落とす。これをそぎ切りにして水分をよく切る。皮目に独特の風味があり、食感も素敵だと思う。酢みそ、わさび醤油で食べる。[福岡県久留米市田主丸]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

スナフキ
参考NPO法人アンダンテ21 場所兵庫県播州、島根県高津川水系 
スクライ
参考文献 場所大阪 
ナナセ
参考『萩原文庫6 萩原の風土と生きもの』(はぎわら文庫編集委員会 岐阜県益田郡萩原町 1984) 場所岐阜県下呂市萩原 
スナクジリ
参考文献 場所岐阜県郡上市・恵那市、琵琶湖 
スナホリ
場所岐阜県長良川、三重県津市、広島県、京都府丹後竹野 
スナクジ
参考文献 場所岐阜県養老町、広島県東志和 
カワギス
参考NPO法人アンダンテ21 場所島根県高津川水系・益田川 
キンリュウ キンジュウ キンギュウ
参考NPO法人アンダンテ21 場所島根県高津川水系(益田川含む) 
スナホオ
参考文献 場所広島県東志和 
シビトウオ[死人魚]
備考焼くと死人を焼いた時に似た臭いがするため。 参考聞き取り 20181226 場所徳島県美馬郡つるぎ町半田町 
ムギワラエッシュウ[麦藁えっしゅう]
備考〈5月〜6月中旬にかけて産卵期で美味。ムギワラエッシュウの名があり建て網を張る。〉 参考『貞光町史』 場所徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川 
スナモジリ
参考文献 場所滋賀県琵琶湖 
スナクグリ
参考文献 場所琵琶湖 
スナムグリ
参考文献 場所福島県棚倉、東京都多摩川、新潟県新発田、群馬県邑楽郡、静岡県 
ズゴンボ
参考文献 場所群馬県島村 
ズゴンボウ
参考文献 場所長野県 
ツカ
参考文献 場所長野県信濃地方 
ツチモグリ ツチムグリ
参考文献 場所長野県松本平 
ズゴウ
参考文献 場所長野県松本平・伊那 
スイゴロウ
参考文献 場所静岡県二俣 
ズイゴ
参考文献 場所静岡県今井村 
スナクイ スナックイ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県大井川金谷 
カワギス
備考ズナガニゴイと混称。 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県安倍川 
スナモグリ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県安倍川・狩野川・天竜川 
ズンゴ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県湖西市太田川・掛川市原野谷川 
スナハミ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県瀬戸川・気田川・相川 
クジカナ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県相川 
ジンガ
参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 場所静岡県興津川 
スナカムリ
参考文献 場所静岡県袋井市今井村 
キッグロ
参考日比野友亮 場所鹿児島県薩摩川内市 
カマツカ
参考立石光夫さん、文献 場所滋賀県高島市今津・彦根、福岡県久留米市田主丸 
ウシゴッポウ
場所岡山県新見市哲西町[上田修二] 
エッシュウ
場所徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川 
テンジンハエ テンジンボオ ドウジャコ ゴオガンボ ドーキンボー ドオケン ドオジャコ スナカムリ ドオセン ドオセンボオ ドウモンボ ドグチバイ ドテクロ ドンコ ドンチ ネオ ネガマ ネゴ ネズカ ネホ ネホオ バカ バカゾオ ヒガイ ベバチゴイ ホオセン ホオセンボ ユワクジリ ヨシ ローホーズ ロホーズ アカザラ アブラハゼ イセブチ イワクジリ ウジヨオ ウマヅラ エッシュウボ オトコ オコトウ カジリ カナキシ カナクジ カナクジリ カナビシャ カマジツカ カマスカ カマズカ カマスツコ カマツカドンコ カマビシ カマンギツ カワキス カワギス カワキスゴ カワサキ カワハゼ カワビシ ガンギ ガンハチ キス クジカナ コオセンボオ コトヒキ ゴムツソオ ゴロビシ ザットノヘノコ ジウトク ジネホ シネホオ ジムグリ ショウゼン ジョオトク ジンゾク ズゴン
参考文献より。