カコボラ

代表的な呼び名ミノボラ

カコボラの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
殻高12センチ前後になる。殻皮は厚く毛が全体を覆っている。
殻高12センチ前後になる。殻皮は厚く毛が全体を覆っている。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科カコボラ属
外国名
Neapolitan triton
学名
Cymatium (Monoplex) parthenopeum (Salis Marschlins,1793)
漢字・学名由来
漢字 加古法螺 Kakobora
由来・語源 『六百介品』より。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水生。潮間帯下部〜水深50の岩礫底。
千葉県外房・新潟県以南に棲息する。
熱帯インド-太平洋〜大西洋。

生態

基本情報

一般に食用とみなされていない。
流通することもない。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

旬は春。
貝殻は硬く、強く長い毛をまとっている。
身は熱を通すと出しやすい。食べられるのは筋肉(足)のみ。
内蔵からテトロドトキシン、唾液腺からも毒性分が見つかっている。浜辺などで刺し網にかかったのをよく捨てられている。もし拾って食べるならワタやときに唾液腺を除去する必要がある。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

カコボラの料理法・レシピ・食べ方/煮る(塩ゆで)
カコボラの塩ゆで 足、筋肉は熱を通すと硬くなるが、不味くはない。内臓には毒があるので食べないこと。食べていいのは身(足)のみ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ニシン
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所三重県浜島町 
アメフリボンボラ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所三重県熊野市二木島 
ポーポー
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県千倉・館山・太海 
ケボラ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県外房 
ミノボラ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県外房、和歌山県白浜町、沖縄 
ポーポーケー ポーポーゲェ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県太海 
ポッポー
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県太海・保田 
ホラゲー
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県富津市竹岡北町 
ポーポンゲ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県小湊町小湊 
ホラガイ
場所千葉県小湊町小湊、三重県尾鷲・紀伊長島、和歌山県加太 
ケガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所和歌山県串本町出雲 
ミノガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所和歌山県有田市、熊本県天草郡苓北町富岡 
ヒゲボッポン
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所大分県佐伯市蒲江 
ヒゲミナ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所熊本県牛深 
ヒゲッポ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所神奈川県三浦市 
ホーソーガイ[疱瘡貝]
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所静岡県石廊崎 
メクサリ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所高知県四万十市下田 
ケニシ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所高知県宿毛市小筑紫町 
ブウゲ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県下甑島 
オケミナ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県佐多町 
ケミナ[毛貝]
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県阿久根 
リュウエン
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県富浦南無谷