カキツバタ

カキツバタの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
10cm SH 前後になる。異物なハート型。膨らみは弱い。殻表が波打つ。
10cm SH 前後になる。異物なハート型。膨らみは弱い。殻表が波打つ。
10cm SH 前後になる。異物なハート型。膨らみは弱い。殻表が波打つ。
10cm SH 前後になる。異物なハート型。膨らみは弱い。殻表が波打つ。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
動物界軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目ベッコウガキ科Hyotissa属
外国名
学名
Hyotissa imbricata (Lamarck, 1819)
漢字・学名由来
漢字/杜若(丹敷能浦裏)、燕子花、燕子花貝 Kakitubata
由来・語源 丹敷能浦裏より。貝殻の形がカキツバタの花弁に似ているからだと思われる。
〈杜若 蛤ノ類形状一定ナシ肌紫色両片総テ菊葩(きくは)ノ如シ周殻刺アリ〉『丹敷能浦裏』
丹敷能浦裏
にしきのうらづつみ。介類(貝類)569種を掲載。彩色された貝の図と解説を載せた江戸時代の図譜。
ヒガイ、ホネガイ、カキツバタ、クレハガイ、アザミガイ、タケノコガイ、ヨウラクガイ、ミルクイ、キサガイ、シオサザナミほか。
地方名・市場名
エダガキ
参考原色貝類圖(山川黙 三省堂) 

概要

生息域

海水生。水深20mよりも浅い岩礁域底。
房総半島以南、[長崎県長崎市]。
〜熱帯西太平洋。

生態

基本情報

食用ではなく、養殖筏や定置網などに付着するもの。
毒性などは不明で、食用としていた地域のあるなしもわからない。

水産基本情報

市場での評価/流通しない。
漁法/採取
産地/

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

一般に食用としない。
貝殻は大きく閉殻筋(貝柱)もやや大きい。味はカキに似ている。
毒性などは不明。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど