オオハネガイ

オオハネガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SH(殻高)17cm前後になる。貝殻は白く陶器質で大型で楕円形に近い。
SH(殻高)17cm前後になる。貝殻は白く陶器質で大型で楕円形に近い。
SH(殻高)17cm前後になる。貝殻は白く陶器質で大型で楕円形に近い。
SH(殻高)17cm前後になる。貝殻は白く陶器質で大型で楕円形に近い。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱ミノガイ目ミノガイ上科ミノガイ科オオハネガイ属
外国名
学名
Acesta goliath (G. B. Sowerby III, 1883)
漢字・学名由来

漢字/大羽貝
由来・語源/岩川友太郎の命名。「羽貝」は目八譜より。

岩川友太郎
安政1〜昭和8年 1855-1933、青森県生まれ。モースに師事して近代的な分類学を学ぶ。多くの標準和名をつけるなど貝類の世界での業績が目立つ。『生物学語彙〈ゴキブリは本来、御器かぶり(ごきかぶり)と言ったが本書のルビの振り間違いから「ごきぶり」になる〉』、『日本産蛤類目録』など。
武蔵石寿
武蔵石寿(むさし・せきじゅ 玩珂停、明和3-万延元年 1766-1861)。450石取りの旗本。赭鞭会。本草学、貝類。西洋の新しい分類学も取り入れようとしていた。『目八譜』(掲載1064種)、『甲介群分品彙』(掲載605種)、『介殻稀品撰』など。現在使われている標準和名の多くがここから来ている。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。水深100-1400mの砂泥地。
北海道南部〜相模湾・富山湾。

生態

基本情報

主に底曳き網などで揚がるが、量的にも非常に少なく、ほとんど利用されることがない。漁師さんなどでは食べている人もいるようだが確認していない。美味な二枚貝ではある。

水産基本情報

市場での評価/入荷は非常に希。一定の評価はない。
漁法/底曳き網
産地/宮城県、新潟県

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

旬は不明。
貝殻は厚みがあって強い。貝柱は小さく、内臓やひもの部分が大きい。
熱を通しすぎると硬くなる。貝のうま味が豊かでいいだしが出る。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身)、揚げる(天ぷら)、汁(みそ汁)、煮る(アヒージョ、ぬた)
オオハネガイの刺身 貝殻に対して貝柱は小さいが、味はホタテガイに負けないと思う。食感の強さからして、タイラギにも似ているかも知れない。甘味がある上に貝らしい風味と好ましい苦みもある。ひももとてもうまい。

オオハネガイのかき揚げ 貝柱はスライスする。野菜は三つ葉やせり、セロリの葉、うどの芽などなんでもいい。これを合わせて小麦粉をまぶす。衣をくわえて軽くまぜて高めの油で短時間で揚げる。ゆっくり揚げると堅くなる。バカガイ(青柳)の貝柱を大きくしたような味わい。とても味がいい。
オオハネガイのみそ汁 ひも膵肝臓の部分を取り去ったわたをよく水洗いしてヌメリを流す。これを沸き立ったみそ汁に入れて数十秒煮て火を止める。うま味豊かな汁でありながらイヤミがない。
オオハネガイのアヒージョ 貝柱は3mm前後の厚みに切る。耐熱の器にトマト、にんにく、オリーブの実などと合わせてオリーブオイル、塩コショウし混ぜる。これを火にかける。オーブンで焼いてもいい。
オオハネガイのぬた ひもの部分をすり鉢に入れてヌメリをよく取る。よく水洗いして水分をよくきる。これを塩水を沸かしたなかで振りなららゆでて、氷水に落とす。水分をよくきり、ゆでたわけぎなどと合わせて酢みそで和える。食べる直前に和えた方がいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど