オオコシオリエビ

オオコシオリエビの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
甲長40ミリ前後になる。生きているときから朱色(オレンジ色)で尾は白い。額角の先端と根元が赤い。甲長40ミリ前後になる。生きているときから朱色(オレンジ色)で尾は白い。額角の先端と根元が赤い。額角の先端と根元が赤い。甲長40ミリ前後になる。生きているときから朱色(オレンジ色)で尾は白い。額角の先端と根元が赤い。

オオコシオリエビの形態写真

甲長40ミリ前後になる。生きているときから朱色(オレンジ色)で尾は白い。額角の先端と根元が赤い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目コシオリエビ科オオコシオリエビ属
外国名
Squat Lobsters
学名
Cervimunida princeps Benedict,1902
漢字・学名由来
漢字 大腰折海老、鯛腰折蝦
由来・語源 コシオリエビのなかでは大型であるため。コシオリエビとは腹部を頭部に折り曲げている様からくる。
地方名・市場名
テナガエビ
場所愛知県西尾市一色 
コシヌケ
場所静岡県、愛知県 参考足立京子さん 
ツブレエビ
場所愛知県三河湾 
クモエビ
場所三重県尾鷲 

概要 ▽

生息域

海水生。金華山、山形県以南、九州。
水深76メートル〜430メートル。

生態

ハサミを除いて10センチ近くになる

基本情報

コシオリエビの中ではとれる量も多く、大きくなるために食用となる。
主に産地周辺で食用となっており、流通するもの。
関東などにも少ないながら入荷を見る。
産地ではみそ汁材料として根強い人気がある。

水産基本情報

市場での評価 全国的にはほとんど流通していない。安い。
漁法 底曳き網
産地 愛知県、静岡県、三重県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

退色していないオレンジ色の強いもの。頭胸部と腹部が伸びているものは古い。

味わい

旬は不明
漁期は秋から春。
殻は甲とハサミ脚は硬い。
身に臭みはなく、甘みがある。ミソも非常にうまみがある。
煮て強い旨み(だし)が出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

オオコシオリエビの料理法/煮る(ゆでる)、汁(みそ汁)、揚げる(素揚げ)

オオコシオリエビの塩ゆで 大振りのものを選ぶ。底曳き網で泥が付着している可能性があるのでよく洗う。これを塩ゆでする。ゆでても身が痩せない。このエビらしいぷりっとした筋肉が甘い、みそも魅力的な味わいである。

オオコシオリエビみそ汁 三河・沼津などの漁師さんの定番的な料理がみそ汁だと思う。ていねいに洗って、阪奈割りにする。これを水から煮出してみそを溶くだけ。超簡単料理なのに超豪華な味わいになる。非常にうまい。
オオコシオリエビの素揚げ 小振りのものを選んで、泥などが付着しがちなのでていねいに洗う。水分をよくきり。低温で揚げはじめる。少しずつ温度を上げてじっくりと上げる。ハサミなどはやや硬いが香ばしく、筋肉は甘みがあっておいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる