ウミウシテナガエビ

ウミウシテナガエビの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長2cm前後。体長2cm前後。体長2cm前後。体長2cm前後。体長2cm前後。

ウミウシテナガエビの形態写真

体長2cm前後。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目テナガエビ上科テナガエビ科カクレエビ亜科ホンカクレエビ属
外国名
Emperor Shrimp
学名
Periclimenes imperator Bruce, 1967
漢字・学名由来
漢字/海牛隠蝦、海牛隠海老
由来・語源/ウミウシ類やナマコなどの体表にいるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。水深5-30m。
駿河湾以南。
インドネシア、オーストラリア北部、ハワイ、インド洋、紅海。

生態

ウミウシではミヤコウミウシ、ミカドウミウシ、ニシキウミウシ。
ナマコではバイカナマコ、アカオニナマコ。
以上に共生。

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『海の甲殻類』(峯水亮 監修/武田正倫、奥野淳兒 文一総合出版)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる