アブラガレイ


1m SL 前後になる。退色は黒ずんだ茶色。口が非常に大きい。側線は直線に近い。尾鰭は僅かに湾入する。両目の間は離れていて、左目は極端に背部にない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科アブラガレイ属
外国名
Kamchatka flounder, Arrow-toothed halibut
学名
Atheresthes evermanni Jordan & Starks,1904
漢字・学名由来

漢字 油鰈
由来・語源 北海道での呼び名。古くは油をとっていたため。この油からビタミンAなどを抽出していた。
〈カレイヒ科アブラガレヒ属亜アブラガレヒ〉『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)

地方名・市場名

概要

生息域

海水魚。水深200-500m。
北海道全沿岸、青森県〜茨城県の太平洋沿岸、新潟縣、富山湾。
日本海北部、アナディール湾までのオホーツク海、ブリストル湾までのベーリング海、シュリコフ海峡までのアリューシャン列島。

生態

産卵期は冬。

基本情報

鮮魚は北海道、青森県などからの入荷が多い。一般にはフィレとして売られている。アブラガレイの認識はほとんどない。アメリカなどからの冷凍輸入も盛んで、スーパーなどでも普通に見られる。
2009年現在カラスガレイよりアブラガレイの「えんがわ」をよく見かける。
「えんがわ」は魚を離れて別ものの食品となった感がある。

水産基本情報

市場での評価 三陸などから少ないながら入荷してくる。とても安い。また冷凍食品で「えんがわ」、フィレの方が量的には多いように思える。スキンレスの流通もある。
漁法 底曳網、刺し網、釣り
主な産地(カレイ類として) 福島県、北海道、宮城県
輸入国/アメリカ、カナダ

選び方・食べ方・その他

選び方

フィレは張りがある、くぼんでいるものはダメ。

味わい

旬は秋から冬
鱗は弱く小さく取りやすい。皮は非常に薄くもろい。骨は軟らかい。
白濁した白身。非常に大量に脂を含み軟らかい。熱を通しても硬く締まらず、脂が液化して出てくる。


身質 非常に柔らかく、白濁しているのは脂の粒子が身全体に回っているため。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

アブラガレイの料理法・レシピ・食べ方/揚げる(フライ)、生食(刺身)、煮る(煮つけ)、ソテー(ムニエル)、焼く(漬け魚、塩焼き)
アブラガレイのフライ アメリカなどはもっぱらフライ材料にしているよう。このクセのない熱を通しても硬くならない白身はフライ向きである。
アブラガレイの刺身 鮮度がいいものはなかなか手に入らないが、脂が多く、適度に軟らかいので刺身として優れている。ただし鮮度が落ちると独特の臭みが出るので要注意。口溶け感があり美味しい。
煮つけ 煮ても硬く締まらず、クセのない上質な白身。しょうゆ味で煮て実に美味しい。ただし脂分の多さから好き嫌いが出そう。
アブラガレイのムニエル
アブラガレイの塩焼き

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品


縁側 回転ずしなどでは単に「縁側」という。古くは「ひらめの縁側」とされていたことがあったが、「ひらめ」がとれた。脂が強く、独特の食感が楽しめる。
アブラガレイスキンレス 三枚に下ろした皮なしのフィレ。非常に上質。[丸西西出商店 北海道釧路市]
干物の焼魚 干してから焼いたものらしいが、適度に脂が感じられて軟らかくて美味しい。小骨がないなど万人向きの味だと思う。[伴助 福島県いわき市]

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

アブラガレイ
参考文献 場所北海道、秋田県象潟、茨城県久慈、富山県 
エンギリ[縁切]
参考福島の海産動物方言 場所宮城県気仙沼 
ブタガレイ
参考文献 場所秋田県象潟 
ハオイ
参考茨城魚類の方言(茨城県水産試験場 1959) 場所茨城県久慈 
クロガレイ
場所福島県相馬市原釜で 
エンキリ[縁切]
備考田中茂穂は「久慈ではエンキリとも云う。不味い為め、二度と食べないとの意味を含む」。 場所岩手県久慈 
フユガレイ
参考文献より。 場所別名 
ヤガタガレイ
備考別名。