ヒラコウカイカムリ

ヒラコウカイカムリの生物写真

甲長30ミリ前後になる。全身に短く柔らかい毛に覆われる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目カイカムリ群カイカムリ上科カイカムリ科カイカムリ属
外国名
英名/Shell-carrying clab
学名
Conchoecetes artificiosus(Fabricius,1798)
漢字・学名由来
漢字 平甲貝被
由来・語源 貝殻などを被り生活しているカニで、甲が隆起していないで平らかである。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。相模湾から九州。香港、タイ、スリランカ、インド、イラン湾、南アフリカ。
水深30〜100メートルの泥底。

生態

常に二枚貝の貝殻を背負う。

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

愛知県幡豆郡一色町一色魚市場
同定と本種の情報/静岡県沼津市、飯塚栄一
『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる