ハバノリ

ハバノリの生物写真

長さ10〜25センチ、幅1.5〜5センチになる。細い笹の葉状で正面はつるつるしている。

物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
植物界褐藻植物門褐藻綱カヤモノリ目カヤモノリ科セイヨウハバノリ属
外国名
学名
Petalonia binghamia J.Agardh
漢字・学名由来
漢字 羽葉苔
由来・語源 ノリの一種で鳥の羽のような形であることから。
地方名・市場名
一般にハバノリ。
静岡県伊豆ではハンバノリ(はんば海苔)。
島根県出雲地方でカシカメ。

概要 ▽

生息域

海水生。太平洋沿岸中南部、瀬戸内海、九州、日本海沿岸、西南諸島。朝鮮半島、中国。
潮間帯上部〜中部の岩などの上。

生態

基本情報

海岸線の岩場などに普通に見られるもの。
日本各地の海辺で食べられている。
「はばのり」と言われているものは標準和名のハバノリだけではなく、マルバハバノリ、セイヨウハバノリなども含む。
あまりとれないものなので流通は地域的。
自家での利用も多い。
各地で冬の風物詩として楽しまれ、雑煮の具などにも利用される。
また餅とともに食すもので、正月には欠かせないという地域も多い。
徳島県、島根県、三重県などで養殖の研究が進む。

水産基本情報

市場での評価 希に乾物として入荷してくる。高価。
漁法 採取
産地 日本各地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

乾製品の場合、よく乾燥している。触ってごわごわとしたものはダメ。干し上げた葉の小さいものがよい。

味わい

旬は晩秋から冬。
干したものは周年だが、だいだい春には完売してしまう地域が多くなる。
生は柔らかく磯の香りが楽しめる。
乾物はあぶると香り高く、旨み甘みも十分にある。
生よりも干したものの方がうま味、磯の香りなどが強くうまい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法【生】/湯通し、みそ汁
湯通し◆軽くゆでて酢のもの、ドレッシングをかけて食べるもの。柔らかく磯の香りもほどほどあり美味。
みそ汁◆ワカメ同様にみそ汁の具にして、適度な海藻らしい食感とうま味がある。
料理法【乾物】/あぶる(ご飯、かゆ、餅、とろろいも)、汁(雑煮)
あぶる◆家庭ではオーブントースターなどを利用するといい。オーブントースターはあらかじめ熱しておき、台にのせて、1〜3秒前後あぶり、フタを開け閉めして様子をみる。鈍い緑、もしくは褐色のものが緑色になる。鮮やかな緑になる場合とならない場合があるが、香りと触った感触で焼き上がりを判断する。片面5秒くらい、厚みがあって、葉の重なりが多い場合には、少々長くあぶる。少しずつあぶるのが基本。そのまま食べる。ご飯にかける、ご飯に混ぜてにぎりめしにする。餅を包むと美味。
雑煮◆鰹節だし、醤油味、味噌味の汁を焼いた餅を入れた椀に満たす。ここにあぶったハバノリをもんでかける。
かゆ◆七草がゆに入れる地域もあるという。七草がゆだけではなく、あぶったものをかゆに入れてまことに美味しい。
汁◆あぶったものを汁に入れてもいい。
佃煮◆古くなったもの、湿気たもの、生のハバノリなどは水で戻して佃煮風に。甘めに煮るとご飯に合う。
●ハバノリ、セイヨウハバノリは共通
岩の上に生えている状態。
湯通し◆軽くゆでて酢のもの、ドレッシングをかけて食べるもの。柔らかく磯の香りもほどほどあり美味。
オーブントースターであぶったもの。
板海苔状になったものはあぶり、手でもみ、ご飯にかけて食べる。お握りに混ぜ込んでもいい。もの足りなかったらしょうゆを加える。
ハバノリの雑煮雑煮◆鰹節だし、醤油味、味噌味の汁を焼いた餅を入れた椀に満たす。ここにあぶったハバノリをもんでかける。
佃煮◆古くなったもの、湿気たもの、生のハバノリなどは水で戻して佃煮風に。甘めに煮るとご飯に合う。

好んで食べる地域・名物料理

はば雑煮/千葉県、神奈川県などで雑煮の上からあぶった「はば」をのせる。「はば」の香りを楽しむもの。
はば飯、かしかめ飯/千葉県、神奈川県、静岡県、三重県、島根県など。板状にして干したハバノリを軽くあぶって、醤油をかけ、ご飯にのせたもの。

加工品・名産品

はばのり(はば)●千葉県、神奈川県、静岡県では原藻を広げて干し、束ねて売る。
かしかめのり●島根県出雲地方ではハバノリ、セイヨウハバノリを刻むか、そのまま干す。生産量は少ない。

釣り情報

冬季にメジナ、ブダイ釣りのエサに利用されている。

歴史・ことわざなど

■ 江戸初期延宝年間(1600年代後半)の『いとなみ六ぽう』の「おごうり」の売り声にワカメ、昆布などに混ざって「むぎわらのりいそもちのり」というのが出てくる。この「むぎわらのり」がカヤモノリ、「いそもちのり」がハバノリかも知れない。参考文献『海藻』宮内章 法政大学出版局
■ 千葉県、徳島県などでは「幅を利かせる(はばをきかせる)」にかけて縁起物として食べられている。

参考文献

協力/鳥羽市水産研究所、島根県水産技術センター、徳島県水産技術センター
『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ