ナミノコガイ

ナミノコガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
SL20mm前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目フジノハナガイ超科フジノハナガイ科ナミノコガイ属
外国名
Bean Clam
学名
Donax cuneatus Linnaeus, 1758
漢字・学名由来
漢字 波の子貝、波子貝
由来・語源 『目八譜』より。波打ち際にいて、波乗りするように移動する。これを波打ち際で遊ぶ子に見立てたもの。
Linnaeus
Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
武蔵石寿
武蔵石寿(むさし・せきじゅ 明和3-万延元年 1766-1861)。450石取りの旗本。本草学、貝類。西洋で生まれて新しい分類学も取り入れようとしていた。『目八譜』(掲載1064種)、『甲介群分品彙』(掲載605種)、『介殻稀品撰』など。現在使われている標準和名の多くがここから来ている。
地方名・市場名
ナミガイ
場所鹿児島県東市来町 
ナミアソビ[波遊]
備考古名、。 
サンカクガイ サンカクギャア シタゲ シャベリクチ スズメゲェ トゥブホ ナンゲ ナンダゲ
参考文献より。 

概要

生息域

海水魚。波打ち際、砂浜。
房総半島以南。熱帯インド・太平洋域。

生態

基本情報

波打ち際などにいる非常に小型の貝。各地で採取して食べている可能性があるが、実際に食べて、売買の対象としているのを確認しているのは鹿児島県東市来町のみ。
味の良さをしっている人も少ない。

水産基本情報

市場での評価 一般に流通しない。
漁法
産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他

選び方

触って反応するもの。水管などがよく動くもの。

味わい

旬は春から秋。
貝殻は薄く、歩留まりは良い。
身(軟体部)は思った以上に大きく、熱を通しても硬くならない。
非常に濃厚な旨みがあり、いいだしが出る。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ナミノコガイの料理法・調理法・食べ方/みそ汁、ボンゴレ、酒蒸し(ワイン蒸し)、炊き込みご飯
ナミノコガイのみそ汁 鹿児島県ではみそ汁にするのが一般的。意外に砂を噛んでいなかったが、年間を通して見てみる必要がある。ザルなどに入れてキレイに洗い。鍋に入れて水から煮出すか、湯に入れるか、どちらでもいい。水から煮出すとだしが濃厚になるが、身が痩せる。湯に入れると逆になる。みそ汁と言ったらアサリ、シジミというのが基本だが、それ以上に美味かもしれない。


ナミノコガイのワイン蒸し 持ち帰ったらていねいにザルなどに入れてざくざくと洗う。フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて熱し、にんにくの風味がたってきたら貝を入れる。オリーブオイルをからめ、白ワインを加えて短時間貝殻が開くまで蒸し煮にする。身のうまさも貝類の中で最上級。蒸し汁で食べるパンも美味。
ナミノコガイのボンゴレ フライパンなどにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪などを入れて熱し、香りがたってきたら、ゆでたてのパスタを加え和える。非常に濃厚な貝らしい風味がありながらイヤミのないエキスが、パスタと一体化した味は最高だと思う。
ナミノコガイの炊き込みご飯 ザルなどに入れてざくざくとよく洗い。水分をよくきり、少量の酒で蒸し煮にする。身を取り出し、蒸し汁とわける。蒸し汁に水を足して洗った米の適量の水加減にして炊飯する。これを炊き上げる。実にうま味豊かで貝らしい風味のご飯になる。イヤミがないので食べやすい。

好んで食べる地域・名物料理


吹上浜周辺 鹿児島県西岸のいちき串木野市・日置市・南さつま市にまたがる砂浜(砂丘)。このあたりではナミノコガイを採取し自家用として食べているし、ほそぼそとだが売り買いしている。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど