サガミアラレナガニシ


殻長4センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科イトマキボラ科ナガニシ亜科アラレナガニシ属
外国名
学名
Granulifusus niponicus suboblitus   (Pilsbry,1904) 
漢字・学名由来
漢字 相模霰長辛螺
由来・語源 岩川友太郎の命名。模式産地が相模湾であり、アラレ状の結節のあるナガニシ類という意味合い。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。水深50〜200メートルの砂底。
房総半島・若狭湾〜九州。

生態

基本情報

アラレナガニシの亜種。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど