アカゴチ


体長30cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目アカゴチ科アカゴチ属
外国名
Red flathead
学名
Bembras japonica Cuvier, 1829
漢字・学名由来
漢字 赤鯒
由来・語源 赤い鯒(こち)の意味。
Cuvier
バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
地方名・市場名

概要

生息域

海水魚。水深80〜230mの大陸棚縁辺域。
富山湾、島根県隠岐、対馬、山口県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、駿河湾〜九州南岸、瀬戸内海、東シナ海。
済州島、台湾、広東省、海南島。

生態

基本情報

一見、コチ科に見えるが別系統。コチ類よりも深場にいて、産地も深場の底曳き網漁のある地域に限られている。ときどきまとまってとれると、流通にものる。
淡泊で皮目に甘味というか独特の風味がある。もっと注目を浴びてもいい魚だと思っている。

水産基本情報

市場での評価 関東ではまだ流通しているものを見ていない。主に産地周辺で流通する。
漁法 底曳き網
産地 静岡県、愛知県、三重県

選び方・食べ方・その他

選び方

赤味の強いもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は寒い時期
鱗は小さく薄く取りやすい。骨はあまり硬くなく小骨は少ない。
透明感のある白身。熱を通しても硬く締まらずふんわりする。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

アカゴチの料理法/揚げる(天ぷら、フライ、唐揚げ)、生食(あぶり)、煮る(煮つけ)
アカゴチの天ぷら 身は明らかにコチ科に近い。非常に上品な白身でやや繊維が粗く、筋繊維自体も密ではない。単に塩焼きなどよりも油を使っての料理に向く。また皮目には独特の風味があることなどから天ぷら種として優れている。やや高めの温度で短時間で揚げて美味。

アカゴチのフィッシュ&チップス アカゴチは三枚下ろしにする。尾鰭はキレイなのでどちらかにつけたままにした方がいい。これをビール、サラダ油、小麦粉の衣で短時間で揚げる。同時にジャガイモも揚げて添える。さくっとした食感で軽い。ジャガイモを添えているのでランチなどに最適。
アカゴチのフライ 水洗いして開き、腹骨をすく。水分をよく切り、塩コショウして少し寝かす。表面に出て来た水分をふく。これに小麦粉、溶き卵、パン粉をつけてやや高めの油で揚げる。表面がかりっと香ばしく揚がるのに身はふっくらと揚がるのが実にこのましい。
アカゴチの焼霜造り 単に刺身にするとあまり味がない。三枚に下ろして皮目の方をバーナーであぶる。急速冷凍庫で粗熱を取り(冷水に落として水分をよく拭き取ってもいい)刺身状に切る。身の淡泊な味わいに皮の甘味と香りプラスされて、味わい深くなる。
アカゴチの煮つけ 身質はカサゴ類というよりもスズキやマゴチなどに似ている。脂が少なく、繊維が少し洗い。煮つけはやや濃い目の味つけにして、ほぐした身、皮と煮汁を絡めながら食べて美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品


開赤ごち(アカゴチの開き) 深場の底曳き網が盛んな愛知県蒲郡市形原町でていねいに開きにしたもの。天ぷら、唐揚げ、フライなどいろんな用途に使える。鮮魚として出回ると売れ筋ではない本種を、うまく利用したものだ。[大一鈴木商店 愛知県蒲郡市]

釣り情報

歴史・ことわざなど