ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ソウハチガレイ(英語/Souhachi-flounder,Pointhead flounder)

学名:Cleisthenes pinetorum   Jordan & Starks, 1904

ソウハチガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長45cm前後になる。カレイ類としては口が大きく、側線が直線状。裏側が白い。裏側が白い。

ソウハチガレイの形態写真

体長45cm前後になる。カレイ類としては口が大きく、側線が直線状。裏側が白い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ソウハチ属
    外国名
    英語/Souhachi-flounder,Pointhead flounder
    学名
    Cleisthenes pinetorum   Jordan & Starks, 1904
    漢字・由来
    漢字 宗八鰈、惣八鰈
    由来・語源 北海道・東京での呼び名。
    ■ 「そうはち」は名前ではなく、髪型の「総髪」のこと。「総髪」の人を正面から見た形に似ている。「そうはつ」転じて「そおはち」となった。
    地方名・市場名
    ソオハチとも。
    イテガレイ/兵庫県但馬地方
    エテガレイ/兵庫県但馬地方、島根県
    キツネ/山形県、山口県長門市仙崎魚市場・萩魚市場・下関
    キツネカレイ/山口県長門市仙崎魚市場・萩魚市場・下関
    キツネガレイ/山形県、山口県長門市仙崎魚市場・萩魚市場・下関
    ガンブツ/山形県鶴岡市由良漁港
    シロガレイ/福井県
    ■ アワテ、オキマコ、カラス、カラスビラメ、サッパ、シロアサバ、シロガレ、シロガレイ、ソオハチ、チゴガレイ、ホオナガ、ホウナガレイ、ホホナゴ、ホンマガレイ、ミズアサバ、モトアサワ、メエテ。『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    ■ カラス、シロアサバ、シロガレ、シロアサバ、ヒトアサワ。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    生息域
    海水魚。太平洋側では福島県以北(駿河湾以北)、日本海〜オホーツク海。東シナ海、黄海、渤海。水深100〜200メートルに生息。
    生態
    産卵は北にいくほど遅い。
    山陰で2〜3月、佐渡海峡北部、石狩湾で4〜6月、手塩沖で6〜8月。
    雌の方が大きくなり、生息数の割合も高い。
    雌は10歳まで生きて体長40センチ近くになる。
    基本情報
    国内で揚がる食用のカレイは30種近い。鮮魚として出回ることの多い種と主に加工品になる種があるが、本種は後者。干もの原料としては重要なもののひとつ。
    独特の風味と渋みがあり、根強いファンが少なくない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には鮮魚でくることはほとんどない。主に干物として流通している。干物はやや高値。鮮魚は安い。
    漁法 底曵網、延縄(はえなわ)、刺網、定置網
    主な産地 北海道、島根県、兵庫県、鳥取県
    選び方
    干物はやや強く干したもの。色がくすんでいないもの。
    鮮魚はつやがあり、目が澄んでいるもので、鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は寒い時期 晩秋から冬。
    やや水っぽい。鮮度が落ちやすい。
    白身で皮目に独特の臭みがある。
    また脂にもクセがあり、これが干物になって生きてくる。
    生食は産地のみで、多くは煮つけや塩焼きにしかならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    鮮度がよければ刺身(昆布締め)、焼く(塩焼き、干物)、煮つけ、唐揚げ
    焼く そのまま塩焼きにしても悪くはないが、振り塩、立て塩をして軽く干して焼くとよりうまい。
    ソウハチガレイの刺身刺身
    消費地では手に入らないが、鮮度がよければ刺身は絶品。実に味わい深く、食感がいい。縁側も美味しい。
    煮る 水っぽいので煮ると身が崩れやすい。決してまずくはないが、焼くよりも落ちる。
    ソウハチガレイの塩焼き塩焼き
    干物原料として有名だが、当然塩焼きにしてうまい。独特の渋みを伴う脂があって、これが味の個性となっている。
    好んで食べる地域・名物料理
    北海道、山陰など日本海側。
    炊き込みご飯 一度焼いてからほぐして炊き込みご飯にする。兵庫県但馬地方
    加工品・名産品
    一夜干し(干物) 山陰などでは丸のまま干す。北海道では頭部口周辺を切り落として干す。独特の脂からくるクセがあり、これがよい。[の印大吉水産 北海道札幌市、]
    浜焼き ソウハチガレイを味つけして焼いた珍味。『かねいち水産(福井県丹生郡越前町)』
    かれいのいずし(かれいの飯ずし) ソウハチガレイの切り身に塩をして、にんじんとしょうが、糀と漬け込んだもの。高橋笑美子 北海道石狩市厚田
    干もの もっとも定番的な加工品。内臓だけ取り干し上げたもの。独特の脂の渋みと強いうま味があるので干ものにして非常に味がいい。[本田商店 島根県浜田市]
    しょうゆ干し 小振りのソウハチガレイをしょうゆ味をつけて干し上げたもの。中骨を抜いてあり、食べやすい。[石川県輪島市輪島朝市]
    温泉がれい 手のひらサイズを開いて中骨などを取り去り、しょうゆ、砂糖などで味つけして干したもの。島根県などで作られて、加賀温泉郷などで朝ご飯に人気が出ることで「温泉」の文字がついた。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『但馬の美味しいお魚図鑑』(たじまの魚 新商品・新メニューの開発チーム 但馬水産事務所)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「ソウハチガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ