ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヌマガレイ(Starry flounder)

学名:Platichthys stellatus (Pallas)

ヌマガレイの形態写真

体長90センチ以上になる。目が左側にある(北米やアラスカのものは右側にあるものもある)。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)にはっきりした黒い帯があり、表側にイボ状のザラザラした鱗(うろこ)が前半と側線周辺にある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ヌマガレイ属
    外国名
    Starry flounder
    学名
    Platichthys stellatus (Pallas)
    漢字・由来
    漢字 「沼鰈」。
    由来・語源 沼(淡水)にもいるカレイ。
    地方名・市場名
    秋田市中央市場でカタガレイ(潟かれい)、タカノハガレイ。
    山形県鶴岡市由良漁港でタカノハ。
    カワガレイ(川鰈)、タカノハガレイ(鷹羽鰈)。
    イシガレイ(石鰈)、ガサガサガレイ、タカバガレイ、ツキリカレイ、ツギリガレイ。
    生息域
    浅い汽水域に生息するが河川や湖沼など淡水域にも入る。
    島根県中海・千葉県九十九里以北。朝鮮半島〜オホーツク海、ベーリング海を経て南カリフォルニアまで。
    生態
    1月〜5月の沿岸の浅場で産卵。
    イシガレイとの自然雑種が存在する。
    基本情報
    関東以南・以西ではほとんど見られない。
    カレイの種類は北に行くほど多くなり、東北などではヌマガレイが一般に売られるようになる。
    東北、北海道では活けもみられ、刺身にもなる。
    ただしカレイの中ではスナガレイとともに安い。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などにはあまり入荷してこない。値段は安い。北海道、東北などでもカレイとしては安いもの。ただし活けものだけやや高値となる。
    漁法 釣り、刺し網
    産地 北海道、東北
    選び方
    身が硬く盛り上がっているもの。できるだけ活けを選ぶ。生きて元気なもの。野締めは鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    脂が少なく、鮮度が長持ちする。
    旨味に欠けるが、活けなどの刺身は食感が楽しめて美味。
    煮る焼くなどするとときにぱさついたものとなる。

    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    刺身(カルパッチョ)/唐揚げ/ムニエル/煮魚/塩焼き
    生で食べるのがいちばんうまい。
    特に活けは食感がよく、なかなか美味。
    味わいに欠けるのでカルパッチョなどにも向いている。
    煮魚、塩焼きにもできるがときにぱさつく。
    どちらかというと煮魚が美味。
    唐揚げは香ばしく美味。
    ヌマガレイの刺身
    刺身 刺身で食べるのがいちばんうまい。ただしそのためには活けが望ましい。死ぬと独特の臭みが出る。淡泊で食感がよく、舌の上にほどほどの旨みが感じられる。清涼感が感じられるもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    河口域などでの投げ釣りであがる。ときに河川でも釣れる。
    北海道では鰭の斑文が濃いので「厚化粧」。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヌマガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ