ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナガレメイタガレイ(Finespotted flounder)

学名:Pleuronichthys japonicus Suzuki, Kawashima and Nakabo, 2009

ナガレメイタガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長20センチ前後になる。メイタガレイより小振りだという。猫の目状で頭部が小さい。表に円形の褐色の斑紋が散らばるメイタガレイ属には不規則で大きい斑文に細かく濃い斑文(ドット)がある。ナガレメイタではこの小さな斑文が円形に近く規則的に並ぶ。

ナガレメイタガレイの形態写真

体長20センチ前後になる。メイタガレイより小振りだという。猫の目状で頭部が小さい。表に円形の褐色の斑紋が散らばる

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科メイタガレイ属
    外国名
    Finespotted flounder
    学名
    Pleuronichthys japonicus Suzuki, Kawashima and Nakabo, 2009
    漢字・由来
    漢字 流目痛鰈、流目板鰈
    由来 不明
    地方名・市場名
    関西の市場ではバケメイタ
    生息域
    海水魚。宮城県・北陸以南の本州,四国、九州。東シナ海に分布
    生態
    基本情報
    一般にはほとんど知られていない。
    関西以西の水産関係者の間ではよく知られているもの。
    関東では水産関係者すら知らないことが多い。
    水産基本情報
    市場での評価 関西では厳密にメイタガレイと区別して扱われる。値段は安い。
    漁法 底曵網
    主な産地
    ナガレメイタの斑紋メイタガレイとナガレメイタの見分け方
    ナガレメイタ
    ナガレメイタは表の斑紋が規則的で丸い。
    メイタガレイの斑紋メイタガレイとナガレメイタの見分け方
    メイタガレイ
    メイタガレイの右側(表)には不規則な雲を思わせる文様がある。
    選び方
    身がしっかり硬いもの。底曵網でとるものなので、全般に鮮度は悪い。
    味わい
    水分が多く、旨みがメイタガレイと比べると薄い。
    唐揚げ、煮つけ、塩焼きなどにすると白身でくせがなく美味。
    皮はメイタガレイ同様に取り去って料理する。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    唐揚げ、煮つけ、塩焼き(干物)
    煮つけると白身でクセがなく味がいい。身が適度に繊維質で骨離れがいい。
    塩焼きもうまい。
    当然干物にして美味。
    唐揚げにすると香ばしく美味。
    刺身で食べるとメイタガレイとの違いは歴然とする。
    ふわふわと旨みがなく、おいしくない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    船からのカレイ釣りの対象魚。片天秤、アオイソメ、スナイソメなどのエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本魚類学会 シノニム・学名の変更』、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    協力/『株式会社 特水』
  • 主食材として「ナガレメイタガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ