コガネガレイ(英名/Yellowfin sole,Northern sole フランス名/Limanda japonesa)

学名:Limanda aspera  (Pallas, 1814)  

コガネガレイの形態写真

50センチ前後になる。鮮度がよければ背鰭と尻鰭は黄金色(黄色い)。幅広で、口はやや大きめ。鱗は櫛鱗でザラザラしている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★

    まずくはない
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科Limanda属
    外国名
    英名/Yellowfin sole,Northern sole フランス名/Limanda japonesa
    学名
    Limanda aspera  (Pallas, 1814)  
    漢字・由来
    漢字 黄金鰈
    由来・語源 体色から。
    地方名・市場名
    ロスケガレイ、オウゴンガレイ。
    生息域
    海水魚。水深400mよりも浅い砂泥地。
    北海道全沿岸。オホーツク海、チュクチ海からベーリング海、アリューシャン列島〜バンクーバー島、ブリティッシュコロンビア。
    生態
    ■ 北洋に多く、国内に少ない。
    ■ 産卵期は夏。
    ■ 250メートル以浅に生息。
    基本情報
    戦後(第二次世界大戦 1945以降)に再開された北洋漁業でいち早く市場に出たもの。
    安くて美味しいと人気があった。
    現在では主に冷凍フィレとして流通している。
    また外食産業などで使われている。
    水産基本情報
    市場での評価 輸入魚。関東に鮮魚としてくることは希。北海道でもあまりとれない。アラスカ、カナダなどからの輸入が種。値段は冷凍物としても安く、加工品も安い。
    主な産地 アメリカ(アラスカ)、カナダ
    選び方
    鮮魚は身のしっかり硬いもの。
    味わい
    白身で上品な味わい。
    水分が多く旨みにかける。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    揚げる(フライ、唐揚げ)、煮つけ、ソテー(ムニエル)、干物
    コガネガレイのフライ揚げる
    比較的大型になり、クセのない白身なのでフライや唐揚げにしてなかなかいい味である。
    コガネガレイの煮つけ煮つけ
    あまり味のあるカレイではないのだが、煮つけにすると無個性な味が生きてくる。
    ソテー ムニエルにして味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    冷凍 スーパーなどでも普通に見られるもの。また総菜などの原材料となる。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    参考文献/『かれい裏とおもて』(大石圭一 恒星社厚生閣)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)

関連コンテンツ