ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クロガレイ(英名/Flounder,Dab,Black plaice)

学名:Pseudopleuronectes obscurus (Herzenstein, 1890)

クロガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
40センチ前後になる。全体に黒い。クロガシラガレイに似ているが、やや体高がない(幅がせまい)。尾鰭の後縁が白くない。表面。40センチ前後になる。全体に黒い。クロガシラガレイに似ているが、やや体高がない(幅がせまい)。尾鰭の後縁が白くない。裏面。

クロガレイの形態写真

40センチ前後になる。全体に黒い。クロガシラガレイに似ているが、やや体高がない(幅がせまい)。尾鰭の後縁が白くない。表面。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目カレイ科マガレイ属
    外国名
    英名/Flounder,Dab,Black plaice
    学名
    Pseudopleuronectes obscurus (Herzenstein, 1890)
    漢字・由来
    漢字 黒鰈
    由来・語源 全体に黒いため。
    地方名・市場名
    オカガレイ、クロガシラ
    生息域
    海水魚。北海道東北以北。オホーツク海南部、日本海大陸沿岸、黄海。浅い海域、汽水域。
    主にオホーツク海沿岸、北海道東部の野付水道から根室湾沿岸、厚岸湾。
    生態
    産卵期は3月下旬〜4月下旬。
    産卵はごく浅い、内湾の汽水域で行われる。
    基本情報
    関東の魚屋では「黒ガレイ」で売られている。標準和名を知っている人はほとんどいない上に、関東での流通名「黒ガレイ」も認知度は非常に低い。
    秋から春に入荷が多く、この時期が旬。一部が産卵期と重なり、真子を珍重するのは他のカレイ類と同じ。卵粒の細かく、ほくほくした味わいは魅力的だ。
    白身でクセのない味わい。皮にも臭みはない。値段の割りには味のいい魚。
    水産基本情報
    市場での評価 クロガシラガレイ、クロガレイは区別されないで入荷してくる。入荷量はまとまり、値段は安定して、やや安い。入荷してくる荷を見るとクロガシラガレイと比べると少ない。活け締めものも入荷してきており(20121120)、これは刺身にもなりやや高値。
    漁法 刺し網、底建網(定置網)
    主な産地 北海道
    選び方
    触って硬いもの。卵粒がこぼれているようなものはだめ。体液が出ているものもさける。
    味わい
    旬は秋から春。
    鱗は細かく粘液が多いので取りにくい。最初に粘液をよくこそげ落とすといい。皮は厚みがありしっかりしている。骨は硬い。透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ソテー(ムニエル)、揚げる(フライ)、生食(刺身)、煮る(煮つけ)、汁(潮仕立て、みそ汁)、焼く(塩焼き)
    クロガレイのムニエル「ムニエル」。淡泊な味なのでバターの風味と美味しさプラスしてやる。こんがりソテーした香ばしさと、クセのない上質な白身が魅力的だ。
    クロガレイの潮汁「潮汁」。皮や骨などから実にうま味の豊かなだしがとれる。皮や身も軟らかくて美味しい。みそ汁にしてもうまい。
    クロガレイの煮つけ「刺身」。近年活け締めで入荷することがある。身がしっかりしていて食感もいいので刺身にしても美味。この活け締めは煮つけや塩焼きも野締めよりも上だ。
    クロガレイの煮つけ「煮つけ」。薄味よりもこってりと強めの味つけがいい。たまりしょうゆとの相性もよく、甘辛味がいい。
    「フィッシュ&チップス」。小麦粉、卵、ビールで衣を作りあげたもの。上げたジャガイモと合わせて供す。
    クロガレイの塩焼き「塩焼き」。じっくりと焼き上げて美味。焼きたての方がうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)
  • 主食材として「クロガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ