ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メイタガレイ(Frog-flounder, Finespotted flounder)

学名:Pleuronichthys cornutus (Temminnck and schlegel)

代表的な呼び名メイタ

メイタガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
25cm前後になる。体高があり、四角形に近い菱形。目が突出している。目と目の間には棘がある。右側(表)には不規則な雲を思わせる文様がある。ナガレメイタは表の斑紋が規則的で丸い。目と目の間に太くて鈍い棘がある。これで「目痛鰈」と呼ばれるようになった。

メイタガレイの形態写真

25cm前後になる。体高があり、四角形に近い菱形。目が突出している。目と目の間には棘がある。右側(表)には不規則な雲を思わせる文様がある。 ナガレメイタは表の斑紋が規則的で丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科メイタガレイ属
    外国名
    Frog-flounder, Finespotted flounder
    学名
    Pleuronichthys cornutus (Temminnck and schlegel)
    漢字・由来
    漢字 目痛鰈、目板鰈
    由来・語源 東京での呼び名。
    01 目と目の間に棘があって、ここを持つと痛いから。
    02 目と目の間に硬い骨盤があるため。骨盤を「板」とした。
    地方名・市場名
    オッチョコ/岡山県下津井で小型のもの。
    ビッキ(ビッキガレイ)/青森県青森市
    メイタ/徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』
    メジカ(目近)、メジカカガレイ/大分県中津市中津魚市場
    メタ/山形県鶴岡市由良漁港
    メブト/山形県鶴岡市由良漁港
    メダカ(メダカガレイ 目高がれい)/京都府舞鶴市舞鶴魚市場、広島県広島中央市場、熊本県熊本市
    タバコアサバ、タバコガレ、タバコガレイは皮に独特の臭みがあるため。
    小さなものをマメガレイ。
    アマテビラメ、ウソ、キンジロガレイ、キンチ、キンチロ、クサガレ、クチボソ、クチホソガレイ、ケサガレ、コウソガレ、コウソガレ、スズメガレイ、チクラガレイ、ツボクチ、デメガレイ、トンビガレ、トンビガレイ、ネジカ、ネヂカ、ヒダリガレイ、ヒッキガレイ、フウジマ、ベタガレイ、ホウショウ、ホウショウガレイ、マツガレ、マツガレイ、マツクサ、マツバ(松葉)、マツバガレイ、マツボ、ミミガレイ、メイタ、メイタガレ、メクジリ、メクソ、メクソガレイ、メコブガレイ、メタカ、メダカ、メダカウオ、メダカカレ、メダカカレイ、マダカガレイ、メタタキ、メダマガレイ、メタンボ、メチガレ、メブト、メムキガレイ、メンタガレイ、メンドガレイ
    生息域
    海水魚。水深100mよりも浅い砂泥地。
    秋田県〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、仙台湾〜豊後水道の太平洋沿岸、瀬戸内海。
    渤海、黄海、朝鮮半島西岸・南岸、東シナ海大陸棚域、遼寧省〜香港の中国沿岸、台湾西岸。
    生態
    産卵は秋から冬。
    基本情報
    西日本の特に近畿、四国、瀬戸内海、九州北部などで盛んに食べられている。関東にもそれなりに入荷してくるが、あまり目立った存在ではない。西日本では活魚で見かけるが、関東ではあまり活魚での入荷が少ないのも、本種の生食(刺身)で食べたときの評価の違いだろう。
    非常においしいカレイだが、皮目に独特の臭いがあり、扱いが悪いと鼻につくことがある。これも好き嫌いの出るところかも知れない。また価格の安いナガレメイタとの混同の可能性もある。
    メイタガレイの斑紋メイタガレイとナガレメイタの見分け方
    メイタガレイ
    メイタガレイの右側(表)には不規則な雲を思わせる文様がある。
    ナガレメイタの斑紋メイタガレイとナガレメイタの見分け方
    ナガレメイタ
    ナガレメイタは表の斑紋が規則的で丸い。
    水産基本情報
    市場での評価 関西に多く、関東に少ないもの。大きさにもよるが関東ではやや高値がつく。関西では活けをよくみかけて非常に高い。
    漁法 底曵網、刺し網、釣り
    主な産地
    選び方
    できるだけ活魚を選ぶ。全体につやのあるもの。くすんだものは古い。鰓を見て鮮紅色であり、触って硬いものを選ぶ。
    味わい
    旬は夏から秋
    鱗は小さく弱い。皮は強くやや厚みがある。皮に微かに臭みがある。煮る、焼くにしても原則的に皮をむく人もいる。ただこれは好き嫌いの問題。個人的にはあまり気にならない。
    透明感のある白身で微かに飴色を帯びる。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(洗い、刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ、フライ)、焼く(塩焼き、干もの)、汁(潮汁)
    メイタガレイの洗い洗い 活魚を水洗いして薄くそぎ切りにし、流水で洗って氷で締めたもの。食感が飛躍的によくなり、舌触りが涼しい。夏は刺身よりも洗いがいいという人も多いがわかる気がする。わさびしょうゆもいいが、意外にしょうがが合う。柑橘類も出合いのものだ。
    メイタガレイの刺身刺身 水洗いして、皮を剥き、5枚下ろしにして刺身に下もの。縁側もつけている。うま味の強いカレイで活魚なら食感もいい。じっくりと味わってこその刺身である。関西で本種の刺身を珍重する意味がわかる。
    メイタガレイの煮つけ煮つけ 水洗いして皮を剥いて煮るか、そのままで煮るかは好みの問題。個人的にはあまり皮の風味は気にならない。皮に脂があってとろっとして美味であるとも思う。皮を剥いて煮るとふっくらとふくらみ軟らかくて上品に仕上がる。
    メイタガレイの唐揚げ唐揚げ 小振りのメイタガレイを水洗いして観音開きにする。よく水分を拭き取り、片栗粉をまぶして二度揚げする。頭部は難しいがほぼ丸ごと食べられて、身に甘みがあってとてもおいしい。
    メイタガレイのフライフライ 五枚下ろしにして皮を引き、塩コショウして卵黄をくぐらせて、パン粉をつけて揚げたもの。非常に上質な白身で熱を通しても硬く締まらず、きめ細やかなので中心部がジューシーである。ビールに合うし、パンやご飯にも合う。
    メイタガレイのムニエルムニエル 五枚下ろしにして皮付きのままムニエルにしてみた。皮目から油でじっくりとソテーして、仕上げにバターで風味づけする。皮目がバターの風味と相まってうま味が増し、身はしっとりと軟らかくて甘い。非常においしい。
    メイタガレイの一夜干し一夜干し 単に塩焼きにしてもおいしいが、軽く干すとうま味が増す。身離れもよくなり佳肴となる。水洗いして煩わしいので頭部を取り、立て塩に漬け込む。漬け込み時間は季節や大きさで変わる。これを干し上げる。
    メイタガレイの潮汁潮汁 刺身などで出た中骨や腹骨などを熱湯に通す。これを昆布だし(水でも可)で煮だして酒と塩で味つけする。濃厚でしかも上品な汁になる。汁ものとあなどるなかれ、すするとご馳走であることがわかる。
    好んで食べる地域・名物料理
    西日本。
    加工品・名産品
    釣り情報
    船からのカレイ釣りの対象魚。片天秤、アオイソメ、スナイソメなどのエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    協力/岡山県笠岡市『魚串ねぶと屋』、加藤水産(築地場内)
  • 主食材として「メイタガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ