ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アサバガレイ(英名/Rock-sole,Dusky sole)

学名:Pleuronectes mochigarei (Snyder)

代表的な呼び名アサバ、アサバガレイ

アサバガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
冬から春にかけて、市場にはたくさんのアサバガレイが入荷してくる。丸魚よりもヘッドレスのものが多いときもある。体長40センチ前後になる。体高は体長の2分の1で体高が高い(幅が大きい)。頭部は小い。

アサバガレイの形態写真

冬から春にかけて、市場にはたくさんのアサバガレイが入荷してくる。丸魚よりもヘッドレスのものが多いときもある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ツノガレイ属
    外国名
    英名/Rock-sole,Dusky sole
    学名
    Pleuronectes mochigarei (Snyder)
    漢字・由来
    漢字 浅場鰈、浅羽鰈
    由来・語源 田中茂穂は「東京でアサバ、北海道稚内方面でロスケガレイと云う」とある。北海道の各地でも「あさば」なのでこの呼び名は産地での呼び名が消費地で使われた例。本種が特別に浅場にいるわけでもないと思うので語源的には不明。
    地方名・市場名
    北海道小樽でダイジョウジ、胆振(いぶり)でブタガレイ。『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)
    山形県鶴岡市由良漁港でカナベラ。
    アサバ、アサバガレイ、イサミ、ウスアサバ、ウスガレイ、ウチワガレイ、オキクチコホソガレイ、オタフクガレイ、コウリモチガレイ、セバタガレイ、ダイショウジ、ダイショジョ、ダルマガレイ、バシウ、バシュ、ハバガレイ、ブタガレイ、フチアサバ、ロスケガレイ
    生息域
    海水魚。福井県以北の日本海、宮城県以北の太平洋、オホーツク海。朝鮮半島東岸。水深50〜100メートルの砂泥地。
    生態
    産卵期は12月〜6月。北に行くほど遅い。
    1年で6センチ、2年で14センチ、3年で18センチ、4年で22センチ、5年で25センチ。
    雌の最大体長は40センチ。
    基本情報
    ヘッドレス、冷凍などでの入荷が多くスーパーなどにもよく並んでいる。
    パックで売られているので「アサバ」という認識よりも「カレイ」というものとして購入されている。
    カレイというと総菜魚の代表的なものだが、関東ではマコガレイ、マガレイ、クロガレイ(クロガシラガレイ、クロガレイ)、ナメタガレイ(ババガレイ)そして本種などが知られている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は多く、鮮魚、ヘッドレス、冷凍などと多彩。値段は安めで安定している。
    漁法 底曳き網、刺し網
    産地 アメリカ、北海道
    選び方
    ヘッドレス、鮮魚とも触って硬いもの。卵巣がとけだしていないもの。
    味わい
    旬は関東では漁の最盛期で秋から春。北海道などでは夏から春ではないかと思う。
    鱗が小さく薄く取りやすい。皮はしっかりしている。
    さらしたような白身で、クセがない代わりにうま味も少ない。
    熱を通しても身は硬く締まらない。
    骨などからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮つけ、塩焼き、唐揚げ
    アサバガレイの煮つけ関東でも定番となっているアサバガレイの煮つけ。とてもうまい。身にそれほど味がない、がクセもないので、こってりと甘辛く味つけする。煮こごりはできない。
    アサバガレイのバター焼きバター焼き(ムニエル)◆粉をつけてじっくりバター風味でソテーして美味。やや淡泊でうま味が少ないものの、反対からみるとクセのない素直な味わい。ここにオイルの芳醇さを+する。
    アサバガレイの唐揚げ唐揚げ◆唐揚げは無難な味。表面はかりっと香ばしく、身離れがよい。
    アサバガレイの塩焼き塩焼き◆塩焼きにしてもおいしい。白身の塩焼きの上品な味わいが楽しめる。
    アサバガレイの刺身刺身◆やや味わいに欠けるが、クセのない上品な味わい。醤油などで工夫してよしなのかも。
    好んで食べる地域・名物料理
    煮つけ●関東、東北、北海道など。
    焼きがれい煮つけ●焼きがれいを甘辛く煮つけたもの。山間部では鮮魚よりも、焼きがれいを使う方が一般的だった。[岩手県葛巻町]
    加工品・名産品
    フィレ●宮城県、北海道などで鱗を取り切り身にして出荷。冷凍での流通も多い。国産、アメリカアラスカ産の原料を使用。
    煮つけ●レトルト食品として流通する。非常に一般的、全国的に見られる。
    焼きがれい●浜で揚がったものを素焼きにしたもの。宮城県、岩手県、山形県などではこれを甘辛く煮る。[丸九遠藤商店 宮城県塩竃市]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)
  • 主食材として「アサバガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ