ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クジメ(Spotbelly Greenling)

学名:Hexagrammos agrammus (Temminck and Schlegel,1844)

クジメの形態写真

体長30センチ前後になる。紡錘形でやや細長い。アイナメに似るが尾鰭の後縁(一番後ろ)が丸く弧を描く(円形)。アイナメは裁形。側線は1本。アイナメは5本。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目アイナメ科アイナメ属
    外国名
    Spotbelly Greenling
    学名
    Hexagrammos agrammus (Temminck and Schlegel,1844)
    漢字・由来
    漢字 久慈目
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。田中茂穂は「東京付近の子安(神奈川県)ではアイナメの幼魚をクジメと云う」と書いている。
    地方名・市場名
    山形県鶴岡市でイソシンジョ(磯しんじょ)。アイナメをシンジョというのに対しての言葉だと思う。
    鶴岡市由良漁港でアブラコ。
    広島県広島中央市場でチロリ。
    アイナメ、アブラゲ、アブラコ、アブラッコ、アブラメ、イシアブラ、ウズムキ、オキベラ、オツムキ、カッツアリ、キツネアブラメ、クグウツ、クズズ、クズツ、クチウツ、クチミ、クラマキ、シジュウハツメ、シヂュウ、シンジョ、タバミ、ツムギ、テン、トッパ、トノミズ、トラゲ、ネグチョ、ホッケ、ボテ、モイオ、モウオ、モジ、モズ、モチウオ、モツ、モロコシアイナメ、ヤスリ、ワガ。
    生息域
    海水魚。浅い海の藻場。
    北海道〜長崎県・五島列島の日本海沿岸、北海道〜土佐湾の太平洋沿岸、瀬戸内海。朝鮮半島全沿岸、済州島、ピーター大帝湾、山東半島、浙江省。
    生態
    基本情報
    アイナメと混同されていることが多い。
    浅い藻場などにいるので、沿岸の小型定置や刺し網の盛んなところでよく見かける。
    全国的に流通することは少ない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場などにはあまり来ない。活魚はやや高値、野締めは非常に安い。
    漁法 定置網、刺し網
    産地 熊本県、神奈川県
    選び方
    味わい
    旬は夏から初秋。
    鱗は小さくざらざらしていて、ブラシや金束子の方が取りやすい。皮はしっかりして硬い。
    透明感のある白身でやや赤みがかる。まったくクセがなく、しかも小骨がない。
    アラなどからいいだしが出て肝も美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁(みそ汁、潮汁)、煮つけ、生食(焼霜造り)
    汁◆小振りなものが多いので水洗いして、肝とぶつ切りでみそ汁にするのがいい。大振りの物ならあらでも作れる。潮汁もうまい。
    煮つけ◆もっとも基本的な料理法だろう。小振りなので丸のまま、甘辛く煮つけてよし、また薄味で根菜類と合わせてもよし。
    生食◆アイナメ同様皮霜造り、焼霜造りにして美味しい。身は淡泊で上品な味ながらどこかしらもの足りない。それを皮の味が補ってくれる。

    クジメの皮霜造り生食◆アイナメ同様皮霜造り、焼霜造り(写真)にして美味しい。身は淡泊で上品な味ながらどこかしらもの足りない。それを皮の味が補ってくれる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「クジメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ