ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アカハゼ(Oinkgray goby)

学名:Amblychaeturichthys hexanema (Bleeker,1853)

アカハゼの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長15cm前後になる。円筒形で細長い。尾が長い。下顎に3対のヒゲがある。下顎に3対のヒゲがある。

アカハゼの形態写真

体長15cm前後になる。円筒形で細長い。尾が長い。下顎に3対のヒゲがある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科アカハゼ属
    外国名
    Oinkgray goby
    学名
    Amblychaeturichthys hexanema (Bleeker,1853)
    漢字・由来
    漢字 赤鯊
    由来・語源 東京での呼び名。マハゼに比べて赤味を帯びているため。
    地方名・市場名
    アマハゼ/和歌山県和歌山市雑賀崎
    イモハゼ/広島県倉橋島
    グンジ/青森市陸奥湾
    グンヂ/青森市陸奥湾
    デッコロ/和歌山県和歌山市
    ハゼ/大阪府泉佐野で。マハゼよりもたくさんとれるので単に「ハゼ」は本種のことになる。
    ハンナイボウ/和歌山県和歌山市
    ヒゲハゼが『飲食事典』にある。
    アカカジカ、イソハゼ、オオグズ、ガリハゼ、グズ、クロウツボ、クロハゼ、ダイナンハゼ、ネツコロボウ、ノラギス。
    生息域
    海水魚。浅い泥底。
    北海道室蘭〜宮崎県日南の太平洋沿岸、津軽海峡〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、有明海、八代海。朝鮮半島、中国。
    生態
    産卵期は春。
    基本情報
    浅場の底曳き網のある地域では普通に見られる。
    まとまってとれることもあり流通上でもときどき見かける。
    マハゼと比べるとやや骨が硬く、また底曳き網の漁獲物なので鮮度的にも落ちる。
    ただし味のよい魚で、安いので総菜的な利用法が出来る。天ぷら、煮つけなどにして美味。
    水産基本情報
    市場での評価 ときどき入荷してくる。値段は安値安定。開いたものをプラステックなどにのせた加工品もある。
    漁法 底曳き網
    産地 神奈川県、大阪府、愛媛県
    選び方
    触って張りのあるもの。色あせして白いもの、柔らかいものは古い。
    味わい
    旬は秋から春。
    鱗は取れやすい。皮は比較的しっかりしている。骨は硬く、マハゼよりも気になる。
    白身でクセのない味わい。熱を通しても硬く締まらず。身離れはよい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 揚げる(天ぷら)、煮る(煮つけ)、焼く(干もの、塩焼き)

    アカハゼの天ぷら天ぷら 開いて薄い衣で揚げて美味。皮にクセがなく、ハゼらしい風味がある。天ぷら種として優れていると思う。
    アカハゼの煮つけ煮つけ クセのない白身でうまいだしも出る。あっさり煮つけても、甘辛く煮てもとてもおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理

    あまはぜのごまめ風 あまはぜ(アカハゼ)は雑賀崎では、お正月前に玉子を持つ前に開いて、干して、からからに乾燥させてハンマー(石やカナヅチも)でよく叩いて素揚げして(炒ることもある)、砂糖や醤油で炊いて「ごまめ」にして 食べます。市内(和歌山)では結構需用があります。[金栄丸 和歌山県和歌山市雑賀崎]
    加工品・名産品

    丸干し 市場流通してきた丸干し。小田原で加工したものとも。クセのない白身で皮などの風味もいい。
    開き 産地はわからないが市場流通してきた開き。これを天ぷらだねとして利用する。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/日美丸(広島県倉橋島)、金栄丸(和歌山県和歌山市雑賀崎)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『飲食事典』(山本荻舟 平凡社 1958)
  • 主食材として「アカハゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ