ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウロハゼ(Flathead goby, Bar-eyed goby)

学名:Glossogobius olivaceus (Temminck and Schlegel)

代表的な呼び名クロハゼ

ウロハゼの形態写真

25センチ前後になる。鱗(うろこ)が大きい。普段は薄茶、褐色であるが興奮すると真っ黒になる。下あごが出ている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ウロハゼ属
    外国名
    Flathead goby, Bar-eyed goby
    学名
    Glossogobius olivaceus (Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 「虚沙魚」、「虚鯊」。
    由来 ウロハゼというのは丹後、京都府舞鶴などでの呼び名であり、洞窟などのことを「虚(うろ)」とというのに由来する。岩の間や、くぼみに隠れる生態を表現したものであるという。
    ハゼの由来・語源
    ■ 「古語には濁点がなく〈はせ〉であったはず。陰茎を〈はせ〉〈はせお〉といった。陰茎に似た形の魚」。
    ■ 「『弾塗魚』は良くはねる。〈はぜる〉魚の意」。
    ■ 「すばやく水中を駆ける魚であるから『馳せ(はせ)』が「はぜ」になった。
    地方名・市場名
    岡山県などではクロハゼ(黒はぜ)。これは瀬戸内海でマハゼをシロハゼ(白はぜ)というに対して使われているようだ。
    他にはドヨウハゼ(土用鯊)、カワハゼ、ウロクズ、ウログズ、オカメハゼ、カメハゼ、カワギス、ゴウソ、ゴオソ、トラハゼ、トングハゼ、ナツハゼ(夏鯊)、ヌレ、マルハゼ(丸鯊)、ヌルハゼ。
    生息域
    河川の汽水域。
    福島県〜九州南岸の太平洋沿岸、新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、壱岐、五島列島、種子島。台湾、浙江省、広東省。
    生態
    河川の下流、汽水域の干潟、内湾。淡水域に入ることは希。
    産卵期は夏。
    基本情報
    マハゼと同じような岡山県、北陸などでは食べているが、非常にローカルな存在。
    マハゼよりも大きくなる。
    水産基本情報
    市場での評価 少ないながら入荷がある。一定の評価はないが、やや高値。
    漁法 はぜつぼなわ漁(漁期は4月から7月)、釣り
    産地 石川県
    選び方
    原則的に生きているもの。触って黒とか白とか素早く色変わりするもの。
    味わい
    旬は夏
    鱗は薄く弱い。皮はやや厚め。中骨は硬いが小骨などは少ない。
    透明感のある白身であまり熱を通しても縮まない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮つけ、天ぷら、洗い
    煮つけ 産地などでは夏の煮つけ材料として重要。あっさりした白身でイヤミがない。
    天ぷら マハゼと比べると皮、骨が硬いのが難点だが、実に味がいい。
    洗い 築地場内で夏のハゼとしてよく見かける。基本的に洗いにするようだ。小骨があっても気にならずなかなかの味。
    ●生食は寄生虫がいる可能性があるので、要注意。食する場合自己責任で。
    ウロハゼの天ぷら天ぷらは、マハゼと比べると皮、骨が硬いのが難点だが、実に味がいい。
    築地場内で夏のハゼとしてよく見かける。基本的に洗いにするようだ。小骨があっても気にならずなかなかの味。
    好んで食べる地域・名物料理
    岡山ではこのんで食べられる。
    加工品・名産品
    釣り情報
    茨城などでハゼ釣りで大型のものが釣れる。その多くが本種。エサはゴカイでぶっこみ、脈釣り、ウキ釣り。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『広辞苑』、『たべもの語源辞典』(清水桂一編 東京堂出版)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、「岡山の漁業』(西川太 日本文教出版)
  • 主食材として「ウロハゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ