ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

サクラマス(Masu salmon、Cherry salmon)

学名:Oncorhynchus masou masou (Brevoort, 1856)

サクラマスの形態写真

体長50cm前後になる。銀色で細長く、背中に黒い斑文がある。ときに非常に肥満して体高のある「板マス型」となる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正真骨下区原棘鰭上目サケ亜目サケ科サケ属
    外国名
    Masu salmon、Cherry salmon
    学名
    Oncorhynchus masou masou (Brevoort, 1856)
    漢字・由来
    漢字 桜鱒
    由来・語源 古くは単に「鱒(マス)。」サクラの咲く時期にたくさんとれるため。川を遡上するため。
    サクラマスの遡上は本州では走りは2月から、主に3月から6月まで。
    北海道では4月頃に始まり、7月くらいまで。
    サクラマスの「とれ始める(沿岸により、川を上る)時期」、もしくは「その地域の人たちがサクラマスがとれるようになったのだ、と思う時期」とがサクラの開花前線が重なる。
    各地での呼び名を調べると、「桜鱒」という地域は生息域全域にわたるのは、この桜の開花前線に重なるためだろう。
    地方名・市場名
    ユキシロマス(雪代鱒)/山形県庄内地方
    ホンマス(本マス)/岩手県、山形県鶴岡市由良漁港、関東の市場
    ママス(真鱒)/岩手県
    ■ マス、クチグロ(口の周辺の黒いもの)、ギンマス。
    アイヌ語/サキベ、イチャニウ、チュキチャヌイ。
    生息域
    淡水→海水→淡水[サーモンタイプ]。
    神奈川県、山口県以北、北海道。宮崎県、鹿児島県をのぞく九州、日本海、オホーツク海。
    生態
    ■ 河川での仔魚期には昆虫や環形動物などを食べる。降海後はプランクトン、イカナゴなど、成長とともにイカ、魚類、オキアミなどを捕食する。
    ■ 河川に回帰(かいき もどってくる)するのは南で早く、北でおそい。本州では3月頃から、北海道では4月頃より川を上り始める。
    ■ 産卵期は8月下旬〜10月上旬。卵は11月、12月に孵化。
    ■ 稚魚は上流域から中流域に広く分散し、淡水で1年間過ごし、翌春1歳となって降海する。
    ■ 日本海、オホーツク海、北太平洋に分布して、1年海で過ごす。
    ■ 産卵翌年2歳の初夏(6月〜7月、もしくは9月〜10月)にまた川に戻り遡上する。
    ■ 川で3〜4か月すごし、秋に産卵。産卵後死んでしまう。
    ■ 寿命は3年弱。
    ■ サクラマス、ヤマメ、サツキマス、ビワマス、タイワンマスをサクラマス6型(亜種)。これにイワメを加えるという考え方もある。
    ■ サクラマスには降海型と、河川に残って海にくだらない陸封型がある。ヤマメ、アマゴは陸封型。今回のサクラマスは降海型のこと。
    基本情報
    古代より、単に「鱒(ます)」というと本種のことになる。亜熱帯域などをのぞく日本全国でとれる。標準和名のヤマメは同種で陸封型。またアマゴ、サツキマスは亜種。ヤマメ、サツキマスよりも生息域が北にある。
    非常に味のいい魚として古くから珍重されてきた。今でもサケ科のなかでもっとも高価。
    水産基本情報
    市場での評価 春から初夏に入荷量が増える。値段は高値安定。キロあたり2000円を下回ることは少ない。大きいほど値が上がり、特に体高のある「板マス」は非常に高価になる。
    漁法 流し網(刺し網)、延縄
    主な産地 北海道、青森県、新潟県、秋田県、岩手県
    年間1000トンあまり、サケ科魚類ではもっとも漁獲量が少ない。
    養殖は行われていないが、人工孵化、稚魚生産が行われていて、放流されている。
    板マス 非常に体高のある肥満したタイプ。非常に脂がのっている。
    選び方
    銀色に輝いているもの。鰓が鮮やかに赤いもの。
    味わい
    旬は春。
    鱗は小さくて弱く取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨は軟らかい。細い骨が血合い以外の部分にもある。いわゆるサーモンピンクで、熱を通しても硬く締まらない。サケ科特有の風味、臭味がある。
    料理の方向性
    軟らかく、甘味がある上に強いうま味もあるが、一度凍らせてから生食するべき。皮は硬いので焼く、煮る場合にはついたまま、ソテー、揚げる場合には取るほうがいいと思われる。
    栄養
    寄生虫
    日本海裂頭条虫(サナダムシ)/扁形動物門条虫綱多節亜綱擬葉目裂頭条虫科。はっきりした症状はない模様。
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食(刺身、マリネ)、焼き物(塩焼き、幽庵焼き、西京漬けなど)、汁(潮汁、みそ汁)、揚げる(フライ)、ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)
    刺身 冷凍庫で日々以上凍らせたものを解凍して、刺身にしたもの。解凍しても食感が心地よく、甘味、うま味ともに豊か。
    マリネ 24時間以上冷凍した上身を白ワイン、白ワインビネガー、砂糖、塩、クールブイヨンを合わせたものでマリネしたもの。サクラマスの繊細で上質の味わいを楽しめる。
    塩焼き 二枚下ろしにして骨付きの方を塩焼きにしたもの。皮をかりっと焼き上げているので、独特の風味が生きる。
    西京焼き 白みそとみりんを合わせたものに漬け込んだもの。1日くらいで食べられるが、時間が経つほどに美味しくなる。
    煮つけ 本種の基本的な料理法は煮るか焼くだと思う。煮ても硬くならず、しょうゆとの相性もいい。
    コンフィ 強めの塩をして一日寝かせ、約80度くらいのオリーブオイルでゆっくりと火を通したもの。非常に軟らかく、しっとりとして甘味がある。ハーブ類、香辛料をうまく使うとより美味。
    好んで食べる地域・名物料理

    にらます(にらと鱒のあんかけ) 5月25日の山形県鶴岡市の天神祭(別名、化けものまつり)に食べる。マスを1本買い求め、人数分塩焼きと「にらます(あんかけ)」にする。マスの切り身を蒸し、「あん」をかけて、ゆでたにらを添える。「あん」は水、みりん、酒、しょうゆ、好みで砂糖を合わせて火をつけ片栗粉でとろみをつけたもの。新潟県北部から秋田県にかけて好んでこの「あん」を作る。また同じ「にらます」でも山形県飽海郡遊佐町では片栗粉を用いず、「あん」にしない。
    ますのあんかけ(鱒のあんかけうどん) 山形県鶴岡市の天神祭で作られる「にらます」は山形県庄内地方で広く作られる「ますのあんかけ」の一つの形。マスとうどん、ゆで卵に「あん」をかけることもある。
    加工品・名産品
    富山県名物「ますのすし」本来の原料。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 「本マス」と呼ばれることが多い。
    ■ 過去には中部西日本などにいるアマゴはサツキマス、ヤマメはサクラマスとされていたが近年は共に同種(サクラマス)であるとされることもある。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『サケ・マスのすべて 食材魚貝類百科』(井田齊、河野博、茂木正人 平凡社)、『サケの世界市場』(佐野雅昭 成山堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「サクラマス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ