ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カスミサクラダイ(英名/Barred red bass)

学名:Plectranthias japonicus (Steindachner, 1884)

カスミサクラダイの形態写真

体長15センチほど。ずんぐりして側扁(左右に平たい)する。薄い赤の地に濃い赤が絣状に横縞を作る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科イズハナダイ属
    外国名
    英名/Barred red bass
    学名
    Plectranthias japonicus (Steindachner, 1884)
    漢字・由来
    漢字 霞桜鯛
    由来・語源 田中茂穂の命名。意味は不明。
    地方名・市場名
    アカハゼ。
    生息域
    海水魚。水深70-200mの大陸棚上の砂、砂礫地。
    相模湾〜九州南岸の太平洋、愛媛県八幡浜、沖縄諸島。済州島、台湾南部、南沙諸島、フィリピン諸島、ティモール海、オーストラリア北西岸。
    生態
    基本情報
    沿岸の底曳き網や定置網、延縄などに混ざるもの。手のひらサイズで鱗が強いなどがあってあまり利用されているとは思えない。
    底曳き網では完全に雑魚。
    水産基本情報
    市場での評価 流通することは非常に希。値段は安い。
    漁法 底曳網、延縄、定置網
    主な産地 神奈川県、静岡県など
    選び方
    色が鮮やかなもの。目が澄んで鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は寒い時期だと思われる
    鱗は硬いが取りやすい。皮は比較的しっかりしているが硬くはない。
    白身でまったくクセのない味わい。
    旨みに欠けるが、皮下に脂と味がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、干す、唐揚げ
    カスミサクラダイの刺身
    刺身 小振りで面倒ではあるが刺身は美味。絶対に皮を引かないこと。皮を湯引き、あぶるなどして刺身にしてこそのもの。

    カスミサクラダイの煮つけ
    煮つけ 上質な白身で上品な味わい。身離れが良くて、なかなか美味である。

    干す 軽く干して焼くと皮目に甘い風味があり、美味しい。
    唐揚げ 小振りなので丸のまま揚げてとても美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    鹿児島市外の谷山の漁村では相當多量に陸揚げせられ、販売している 。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    加工品・名産品
    釣り情報
    相模湾でのアマダイ乗り合い、中深場釣りの外道のひとつ。餌は切り身、オキアミなどなんでもいい。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「カスミサクラダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ